片付け術のこんまり、米国で炎上中? オンラインショップを開設するも厳しい声「捨てろというのは買わせるため?」「自分の欲望を片付けて」

片付け術のこんまり、米国で炎上中? オンラインショップを開設するも厳しい声「捨てろというのは買わせるため?」「自分の欲望を片付けて」
拡大する(全1枚)
 片づけコンサルタントとして活躍する「こんまり」こと近藤麻理恵氏が17日、雑貨やファッション製品など100以上のアイテムを販売するオンラインショップをアメリカで開設した。このニュースをアメリカの『ニューヨーク・ポスト』が近藤氏を揶揄する記事で紹介しているようだ。

 効率的な片付けの達人として、世界的に高い知名度を誇る近藤氏は、以前から「片づけをすることで、人生が変わる」と説明している。近藤氏のオンラインショップで販売されているアイテムには、206ドル(11月19日現在・約2万2387円・以下同)の革製ルームシューズ、42ドル(約4564円)のフラワーブーケトートバッグ、275ドル(約2万9886円)の真鍮製キッチン用品ホルダーなど、高価な片付け用のグッズが並んでいる。最も安価なものでもセラミック箸ホルダーが8ドル(約869円)で売られている。

 こういった価格設定が、「『ときめき』がないものは捨てろ」と提唱しながらも、高価な商品を買わせようとしているように映ったようで、米国人から批判的なコメントがツイッターに寄せられている。

 「スペースを節約する家具、収納ボックスなど、整理整頓に役立つものを販売しているなら、全部買います。しかし、いったい誰が55ドル(約5977円)のフードトレイを購入するのですか?」「何を片づけるかを我々に伝えるのではなく、まずは自分の欲望を片づける必要がある」など高価なグッズを販売する近藤氏を批判するコメントが多く見られている。その他にも「この指圧スティックが12ドル(約1303円)だって?ありえない」と、片づけとは関係のない雑貨にも批判の矛先が向けられている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク