楽天・嶋、ファンへの退団挨拶を“サッカー場”で行う? 異例の事態に困惑、「サンドウィッチマンの発言は?」疑問の声も

楽天・嶋、ファンへの退団挨拶を“サッカー場”で行う? 異例の事態に困惑、「サンドウィッチマンの発言は?」疑問の声も
 2007年から今シーズンまで楽天でプレーするも、シーズン後に自ら自由契約を申し入れチームを退団した捕手・嶋基宏。その嶋が今月30日に行われるサッカーJ1・ベガルタ仙台対大分トリニータ(宮城・ユアテックスタジアム仙台)の試合後に登場し惜別の挨拶を行うことを、「河北新報オンラインニュース」(河北新報社)が報じている。

 報道によると、ベガルタ仙台のマスコットが8月12日の楽天対オリックス戦で始球式を務めた際、嶋が捕手を務めたことが縁で実現したとのこと。また、当該記事の中では、嶋は24日に行われた楽天のファン感謝祭に参加するも、挨拶する機会がなかったということも伝えられている。

 退団するプロ野球選手が、別競技であるサッカーのスタジアムで挨拶するという今回の一件。この異例の事態に、ネット上の仙台・大分両サポーターからは「楽天の嶋がベガルタのスタジアムで別れの挨拶ってどういうこと?」、「ベガルタの公式サイトには『あいさつ』としか書かれてないんだが…」、「仮にそうだとして、大分サポはどんな顔して聞いたらいいんだ」と困惑の声が続出。

 一方、楽天ファンからは「サンドウィッチマンが挨拶させてなかった?」、「ファン感(※ファン感謝祭)の挨拶は挨拶にカウントされていないのか」、「この記事書いた記者は嶋がサンドの2人に呼ばれて喋った場面を見てなかったんだろうか」といった指摘が複数寄せられている。

 サンドウィッチマン・伊達みきおが25日に更新したブログによると、「公式なファン感謝祭イベントのプログラムには無かったが、ここまで選手として楽天イーグルス最大の功労者でもある嶋選手をグランドに呼び込み、集まって下さったファンの皆さんにご挨拶をして貰いました」と、司会を務めたサンドウィッチマンの2人がファン感謝祭の中で呼び込み、嶋が挨拶するシーンがあったことを明かしていた。

 サンドウィッチマンによる呼び込みが完全なアドリブなのか、それとも球団主導の演出だったのかは不明だが、嶋はファンへ挨拶をしていたようだ。

 来シーズンからはヤクルトでプレーすることが決まっている嶋。果たして、30日の挨拶では、どのような言葉を口にするのだろうか。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
サンドウィッチマン・伊達みきおの公式ブログより
https://ameblo.jp/mikio-date/entry-12548595498.html

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。