「ブラックビスケッツ」時代の南原清隆と不倫疑惑を報じられたビビアン・スーが強制帰国?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(同)へのレギュラー出演がきっかけで大ブレーク。そして、南原とキャイ~ン天野ひろゆきとともに番組内ユニット「ブラックビスケッツ」(ブラビ)を97年1月に結成。同年12月にファーストシングル『STAMINA』を発売するとミリオンセラーを記録。一気にスターダムに駆け上がり、98年末の『NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。だが、99年にブラビが活動を停止すると、ビビアンは『ウリナリ』を降板し、活動拠点を台湾に移したのだ。
「南原清隆 + ヒルナンデス」のおすすめ記事


「99年、ブラビ最後のシングルとなる『Bye-Bye』発売の直前、番組のウリナリ審査委員会が『番組が指定する期間内にブラビが過去に発売したシングル売り上げを下回ったら解散!』とブラビに指令を言い渡したそうです。ですが、『STAMINA』に続いて、98年4月発売した『Timing』は、ダブルミリオンを記録しているだけに、これを上回ることはできず。これにて、ブラビは自然消滅に至ったワケです。しかしその後、周囲から南原とビビアンの親密さが疑われ、ついに一部週刊誌に“不倫疑惑”を報じられたのです」(芸能ライター)

ビビアンは、2000年に日本の芸能界を実質的に引退し、帰国したのだ。

「引退は外反母趾の悪化が理由とされていましたが、真相はやはり南原との不倫だったのではといわれています。すでに南原は妻帯者であり、“ドロ沼の不倫劇”の末にビビアンは後ろ髪を引かれる思いで、半ば強制帰国させられたと聞きました。その後、6年かけて外反母趾を完治させたものの、日本で活動することは許されなかったといいます。10年の時が経ちようやく“禊”を終え、ビビアンは再び日本へ上陸したのでしょう」(前出・同)

あわせて読みたい

南原清隆のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ブラックビスケッツ」時代の南原清隆と不倫疑惑を報じられたビビアン・スーが強制帰国?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    内村も不倫したのに、いい人イメージ貫いて紅白司会者。面白くないし共演者のフォローもしないし、南原もベッキーも見捨てて、映画や俳優業が失敗しても何も言われない、毒にも薬にもならない、異常に評価高い謎。

    13
  • 匿名さん 通報

    下のコメントは面白くないとの感想は不倫とは無関係の意見です。。単なる内村光良批判だけどね。南原さんお不倫の件はビビアンではなく別の人でしたよ

    6
  • 匿名さん 通報

    ただ彼女もルナシーのSUGIZOと付き合っていたと後々に公言してなったけ?それもどうも略奪婚狙いだったタイミングみたいだけどな。

    4
  • 包帯男 通報

    みーつけた!ゴミせいじさん、あなたは千原せいじ12月10日(火)19時34分お前が死ぬ日だ!

    2
  • 匿名さん 通報

    01:56お前もワンパターンでノータリーンでしつこい。

    0
この記事にコメントする

「南原清隆 + 内村光良」のおすすめ記事

「南原清隆 + 内村光良」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 南原清隆 ヒルナンデス
  2. 南原清隆 内村光良

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。