『グランメゾン東京』、及川光博の元妻役に無理がある? ヒステリック過ぎて「こんな母親いる?」の声も

『グランメゾン東京』、及川光博の元妻役に無理がある? ヒステリック過ぎて「こんな母親いる?」の声も
 木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、夜9:00~放送)の第7話が12月1日に放送され、平均視聴率が前回の第6話と同じ11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であると報道された。2桁をキープしているが、第4話で打ち出した最高視聴率13.3%にはまだまだ届かない数字である。

 本作は岸田周三氏やトーマス・フレベル氏などの世界的なフレンチシェフが監修を務める料理ドラマである。ストーリーは、過去にフランスの官僚とトラブルを起こした料理人・尾花夏樹(木村拓哉)が、ひょんなことから女性料理人・早見倫子(鈴木京子)と出会い、二人でフレンチレストラン「グランメゾン東京」を立ち上げ、仲間たちと力を合わせて三ツ星獲得を目指す――というものだ。

 第7話では、相沢瓶人(及川光博)の元妻のフランス人のエリーゼ(太田緑ロランス)が突然姿を表し、娘のアメリー(マノン)を引き取りにやって来る。三ツ星を取るという夢をいつまでも追いかけ続ける相沢に娘を任せられないと言うエリーゼに、尾花は一週間後に控えた『トップレストラン50』にグランメゾン東京が10位よりも上位を獲得したら、相沢を認めるようにと提案する――という展開となった。

 トップレストラン50の前にグランメゾン東京を訪れたエリーゼは、尾花たちの料理を食べるが、「どの料理も美味しい。それが嫌なの!」と激怒。さらに、「今まで以上に寝る間を惜しんで努力して、アメリーとの時間を削り出していたのよね?」「そんな人にアメリーは任せられない」と発言する。そして、迎えたトップレストラン50では、グランメゾン東京は10位という結果になり、エリーゼはアメリーと一緒にフランスへ戻ることになった。エリーゼは最後に、尾花へ料理が素晴らしかったことを伝え、「今度こそあの人(相沢)に取らせてあげてよ!三ツ星」と励まし、去って行った。

あわせて読みたい

及川光博のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「及川光博 + ライブ」のおすすめ記事

「及川光博 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「及川光博 + 檀れい」のおすすめ記事

「及川光博 + 檀れい」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北大路欣也」のニュース

次に読みたい関連記事「北大路欣也」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 及川光博 ライブ
  2. 及川光博 仮面ライダー
  3. 及川光博 檀れい

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。