意外と歴史は浅い?オカルト・心霊関係用語のいろいろ

意外と歴史は浅い?オカルト・心霊関係用語のいろいろ
 様々な分野に専門用語や単語は存在するが、それはオカルト分野でも変わらない。特に心霊・スピリチュアル関係では様々な用語を聞くことがある。だが、馴染みがあるようでいて歴史の浅い用語も多いのだ。

 例えば、「守護霊」という人間を守護してくれる霊的な存在を指し示す言葉だ。この言葉と概念は一般的に明治以降に生まれたとされている。明治から昭和初期にかけて活躍した霊能者であり宗教家である出口王仁三郎に、心酔し協力した浅野和三郎が、西洋の心霊業界にあった「ガーディアン・エンジェル(守護天使)」という言葉を日本語に翻訳したのが始まりだという説が有力だ。つまり、欧米の心霊学の中にあった人間を守るスピリチュアル的な存在「ガーディアン・エンジェル」を直訳したために、維新以降は「守護霊に助けられた」「守護霊が教えてくれた」というパターン化された心霊談が生まれたと解釈している向きもある。

 だが、実際には江戸時代から”守護霊的な概念”が日本人の中にもあった。学者であった平田篤胤が江戸時代に、“人間を守る霊的な存在”という概念を推察し、広めている。つまり、「守護霊」という言葉は、「ガーディアン・エンジェル」という言葉が翻訳された結果、生まれたわけではない。概念としては、日本では江戸期からあったにはあった概念である。

 また、「水子」という言葉があるのを皆さんご存じだろうか。この「水子」という概念は、実は昭和に生まれたものである。江戸時代から永らく「水子霊」という概念があったものと思われているが、「水子霊」という概念は戦前や明治大正の頃にはまだなかった。今となっては「水子供養」というシステムは、寺にとって莫大なビッグビジネスになっている。つまり、仏教界が意図的に作り出した新しい“供養”ビジネスである。もし、「水子」という概念が江戸や明治時代にあれば、“口減らし”などという発想は生まれなかった。現代人の我々でさえ、ここまで「水子霊」を気にするのだ。江戸・明治の人々に「水子霊」の概念が一般的に存在したならば、胎児殺しなどはもっと減ったはずである。お寺の新規収入源として、1970年代に入り近代の概念として見出されたのが「水子」であるという指摘がある。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。