ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(12月8日)阪神JF(GI)他1鞍

【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。

・阪神2Rが○→▲で決まり、馬単1,140円。
・中京11Rが◎→△で決まり、馬単1,820円。

【今週の予想】

☆中京7R 2歳未勝利(芝1600m)

 このメンバーならクレアーレ。デビュー戦となった前走、スタートでダッシュが付かず後方からの競馬となり、3,4コーナーでは大外を回って直線勝負。メンバー中3位の上がりを使って追い込んだが、上位は中団より前で競馬をした馬ばかり。ポジション、通ったコースを考えれば、着差ほど上位とは力差がないと見る。追い切りの動きを見ても、このクラスは楽に突破できる力があると見ており、今回のメンバーなら負けられない。

◎クレアーレ
○ガリレイ
▲ウインドラブリーナ
△₁タイセイメガロス
△₂エフティクルーク
△₃ゴールドパラディン

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎−○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→○▲△₁△₂→○▲△₁△₂△₃

☆阪神11R 阪神JF(GI)(芝1600m)

 今年の阪神JFは3頭の争いと見ている。その3頭はウーマンズハート、クラヴァシュドール、リアアメリア。ウーマンズハートは、デビュー戦はゴール手前で流していたのにも関わらず、マイル戦では古馬でもめったにお目にかかれない32秒0の上がりを使って優勝し、2戦目の新潟2歳S(GIII)でも32秒8の上がりを使って優勝しており、終いはメンバー随一。今回は初の右回り、3か月半の休み明けと不安要素はあるが、これだけのポテンシャルを持っていれば杞憂に終わるだろう。クラヴァシュドールは、前走のサウジアラビアRC(GIII)で2着だったが、勝ち馬は来週の朝日杯FS(GI)で優勝候補に挙がっているサリオス。それも直線で一旦差してサリオスを一瞬ヒヤリとさせ、3着馬には0秒6差を付けていることからも、本馬の力はウーマンズハートに負けていない。ただ、完成度という点ではウーマンズハートに分があると見て、クラヴァシュドールは▲まで。リアアメリアは、前走のアルテミスS(GIII)のインパクトが大。結果から見ても明らかに先行有利な展開であったが、4角最後方から直線全馬ごぼう抜き。それもゴール前では手綱を緩める余裕があり、さらには3コーナーあたりまで掛かっていてこの内容だから恐れ入る。ウーマンズハートとリアアメリアは甲乙つけがたいが、コース経験、ローテーションを加味してリアアメリアを本命とする。以下、クリスティ、マルターズディオサ、ロータスランドまで。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。