病院でマッサージを受けた赤ちゃんが死亡 医師は咳止めに薬不要と判断、帰宅後ぐったりと

病院でマッサージを受けた赤ちゃんが死亡 医師は咳止めに薬不要と判断、帰宅後ぐったりと
 患者は医師を信頼して受診するものだが、海外では医者が赤ちゃんに行った処置が原因でとんでもない事故が起きた。

 中国・陝西(せんせい)省で、医師が生後4カ月の赤ちゃんにマッサージを施して、赤ちゃんを死なせたと海外ニュースサイト『AsiaOne』が12月4日に報じた。同記事によると、赤ちゃんが咳をしていることを心配に思った両親が、赤ちゃんを連れて11月30日の午前、病院に連れていったそうだ。赤ちゃんを診察した医師は、「赤ちゃんに深刻な症状はなく、注射や薬を与える必要はない。しかし赤ちゃんの咳を止めるためにはマッサージが有効である」と言い、医師はその場で赤ちゃんにマッサージをしたそうだ。両親はマッサージを生後4カ月の子供にしていいものかどうか疑問に思ったが、医師を信頼し、医師の提案に従ったという。

 医師がマッサージを終えると、赤ちゃんはぐったりとしていた。両親が赤ちゃんを連れて家に帰ると、赤ちゃんは口と鼻から泡を吹き、泡には血が混じっていた。両親が救急車を呼び、赤ちゃんは病院に運ばれ、蘇生の処置が行われた。その後、赤ちゃんはICU(集中治療室)に入れられたが、同日午後に死亡した。死因は多臓器不全だったという。多臓器不全とは、外傷や大量出血によって、心不全、低血圧になることで起こる症状だ。

 両親はマッサージをした医師を訴える予定だという。なお、中国では風邪などの病気に対しマッサージを治療として取り入れることは少なくはないが、赤ちゃんにマッサージ療法を行うことはあまりないという。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。