元巨人・小田氏、先輩・桑田氏に「この人おかしくなった?」 プロ1年目の春季キャンプ、その後の野球人生を左右した言葉とは

元巨人・小田氏、先輩・桑田氏に「この人おかしくなった?」 プロ1年目の春季キャンプ、その後の野球人生を左右した言葉とは
 現役時代巨人(1998-2005)、中日(2006-2014)でプレーし、現在は四国IL・愛媛のコーチを務める小田幸平氏。5日、その小田氏が自身のユーチューブチャンネルを更新し、元巨人・桑田真澄氏にまつわるエピソードを披露した。

 1998年の春季キャンプ中、ブルペンで桑田氏の練習相手を務めることになった捕手の小田氏。当時20歳の小田氏は、前年のドラフトで4位指名を受けて巨人に入団したばかりのルーキー。一方、当時プロ12年目で29歳の桑田氏は、前年までに通算119勝をマークした巨人の主戦投手だった。

 その桑田氏の得意球がカーブであったことから、「(桑田氏の)カーブを受けられる。幸せだなあ」と思いながら練習に臨んだ小田氏。しかし、カーブを捕球しきれず自身の膝に当ててしまい、「カーブを膝に当てるなんてこいつ素人か?」と周囲のファンや報道陣から失笑されたという。

 「これ、終わったな、今シーズン終わって来年はクビとか言われるんじゃないかな」と、肩を落としながらブルペンを出ようとした小田氏。しかし、直後に桑田氏から呼び止められ、「キャッチングうまいね」とほめられたという。

 「この人おかしくなったのかな?膝に当てたのに『キャッチングうまいね』って、違う人と間違えてない?」と困惑する小田氏に対し、桑田氏は「打つのと守るのどっちが好きなの?」とさらに質問。小田氏が「受ける方(守る方)が好きです」と答えると、「(じゃあ)ディフェンスで食べていったらいいじゃない」と話したという。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。