オリックス、ディクソンら外国人3選手と契約締結を発表!

オリックス、ディクソンら外国人3選手と契約締結を発表!
 オリックスは20日、ブランドン・ディクソン投手、アンドリュー・アルバース投手、スティーブン・モヤ外野手と、来シーズンの契約を締結したと発表した。

 ディクソンは来季が実に8年目のシーズンとなる。“日本人選手資格”を目指しているディクソンにとって、今シーズンは来日してから初めて、クローザーを務めるという変革の年だった。開幕には間に合わなかったが、本来のクローザー増井浩俊の不調というチーム事情により、今シーズンは先発ではなく、後ろに回った。

 1イニングに限定されたことで、ディクソンの速いストレートと、代名詞と言ってもいいナックルカーブが冴えわたり、37試合2勝1敗5ホールド、18セーブの成績を残した。シーズン終了後には世界野球プレミア12のアメリカ代表に選出。ここでもクローザーを務め、代表としての役割をしっかり果たした。家族も親日家のディクソンにとってはうれしい残留になったのは間違いないだろう。

 昨年9勝2敗と結果を残したものの、今シーズンは2勝6敗と、先発としての役割を果たせなかったアルバースだが、チームにとって貴重な先発左腕とあって、来季も残留となった。長いイニングを投げても球の回転数が変わらないピッチャー。来季は修正して開幕を迎えることを期待したい。

 今シーズン途中に、中日から譲り受ける形で獲得したモヤも残留となった。オリックス移籍後のモヤは64試合に出場、打率.244、10本塁打の成績に終わったが、チームが貧打に悩まされる中、救世主としてクリーンナップを担った。28歳という年齢から考えても、もう1年使ってみる価値はある選手と言える。

 球団はステフェン・ロメロ外野手、クリス・マレーロ内野手と、来季の契約を結ばなかった。

(どら増田 / 写真・垪和さえ)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。