お蔵入りになったキムタク主演映画、訴訟沙汰に 噂される何ともお粗末な原因とは

お蔵入りになったキムタク主演映画、訴訟沙汰に 噂される何ともお粗末な原因とは
 今年1月に公開された、元SMAPで俳優の木村拓哉主演の映画「マスカレード・ホテル」は興行収入46.4億円を記録。

 昨年の主演映画で、事務所の後輩である二宮和也と共演した「検察側の罪人」の29.6億円を上回った。

 「キムタクは二宮との共演作への思い入れが強かったので、数字が伸び悩んだことを残念がっていた。しかし、『マスカレード・ホテル』のヒットで映画の仕事への意欲が高まっているようだ」(映画業界関係者)

 07年に公開された、主演ドラマを映画化した「HERO」は興収81.5億円の大ヒット作に。ところが、SMAP解散後の17年公開の主演映画「無限の住人」は9.6億円と惨敗。だが、復調したため、今後の作品が期待される。

 そんな中、来年が会社設立から100年という節目を迎える大手映画会社・松竹が、木村の主演映画の制作を巡って訴訟沙汰を抱えてしまったことを、「週刊新潮」(新潮社)が報じた。

 同誌によると、今年10月に東京地裁に松竹を訴えたのは脚本家の武知鎮典氏。

 14年春、松竹の役員に4本の脚本を見せたところ、企画を気に入り、その後、打ち合わせが行われるように。
翌年、昔話の太郎をモチーフにした「桃太郎降臨」という、木村主演映画の企画が浮上。役員は10億円の製作費で映像化を検討していることを明かし、武知氏は脚本を書き上げたという。

 しかし、2年以上かけても話が進まず、その後、松竹との交渉は決裂、そのため、武知氏は提訴に踏み切ったが、松竹は同誌に対して、映画化に合意した事実を否定している。

 「話を聞いた役員は“現場の社長”と言われるほどの権力を持っているが、アバウトな性格が知れ渡っているといいます。なので、社内での会議にかけたりすることはなかったとので、武知氏は徒労に終わってしまったようです」(映画担当記者)

 訴訟の行方が注目される。

あわせて読みたい

木村拓哉のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「お蔵入りになったキムタク主演映画、訴訟沙汰に 噂される何ともお粗末な原因とは」の みんなの反応 2
  • ニャニャー 通報

    世間がキムタク主演というだけでクレームを出したとかそう言うことではなくて、映画会社そのものの交渉決裂が原因でそれも叶わなかったなら納得。せっかく脚本を書き上げたのに、もったいなかった。

    1
  • 白猫ちゃん 通報

    書き上げた脚本家も気の毒だし、桃太郎というと高橋英樹さん、キムタクとダブル主演なら面白い。是非やって下さい。

    1
この記事にコメントする

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュース

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 木村拓哉 ドラマ
  2. 木村拓哉 ラジオ
  3. 木村拓哉 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。