ヤクルト・山田だけじゃない! 既に行使を示唆した人物も、来オフ争奪戦になりそうなプロ野球FA選手たち

ヤクルト・山田だけじゃない! 既に行使を示唆した人物も、来オフ争奪戦になりそうなプロ野球FA選手たち
 2011年から今シーズンまでのプロ9年間で「964試合・.297・202本・583打点」といった数字を残し、“トリプルスリー”(3割・30本・30盗塁)も3回(2015、2016、2018年)達成しているヤクルト・山田哲人。12月24日、その山田が球団からの複数年契約提示を断り、年俸5億円(推定)の単年契約でサインしたことがネット上のプロ野球ファンの間で話題となっている。

 一軍登録145日間を1年としてカウントし、高卒は8年、大卒は7年が経過すれば取得できる国内フリーエージェント(FA)権を、山田は順調ならば来シーズン中に取得する。そのため、ネット上には「来年確実にFAするだろ」、「このタイミングで複数年断るとか宣言する気満々だな」、「宣言したら何球団が手を挙げるのか」といった声が数多く寄せられている。

 仮にFA宣言すれば、巨人、ソフトバンクといった資金力のある球団を中心に史上最大級の大争奪戦が展開されると見る向きが強い山田。一方、来オフは山田以外にも、権利を行使すれば複数球団が獲得に乗り出しそうな選手が複数存在する。

 プロ9年目の中日・大野雄大は、今シーズン「25登板・9勝8敗・防御率2.58」で最優秀防御率のタイトルを獲得。9月14日阪神戦では史上81人目(通算92度目)となるノーヒットノーランも達成するなど、実力派左腕としてファンの評価も高まっている。

 その大野は12月6日の契約更改で、山田と同じく球団からの複数年提示を断り、年俸1億3000万(推定)の単年契約でサイン。なお、この一件を伝える報道の中では「そう思われても仕方ない」と、FA行使を示唆するコメントをしたことも伝えられている。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。