「まれにみる悪逆非道な犯行」と言われた事件も 判決が物議を醸した無期懲役裁判3選
拡大する(全1枚)
 2019年は凶悪犯罪の裁判が多数行われ、その判決が何かと物議を醸した。特に世間を驚かせ、死刑が妥当と言われた裁判で「無期懲役」判決が下され、世間の声を司法が汲んでいないと批判が挙がった。

 そこで今回は、2019年に物議を醸した「無期懲役」判決について振り返ってみたい。

・熊谷6人殺傷事件

 2015年、埼玉県熊谷市でペルー国籍の男が、住宅街に侵入し小学生2人を含む6人を殺害。凶悪事件として驚きが広がり、被告は死刑になるものと思われた。

 1審の裁判員裁判では、弁護側が被告には責任能力がなく心神喪失状態だったとして無罪を主張。しかし、裁判長は金を奪う目的で6人を殺害した上、証拠隠滅を図るような行動をしていることから、死刑判決を下した。

 ところが、2019年12月5日の控訴審では、被告が事件当時心神耗弱状態だったとして、「命を奪われた結果は重大で、責任能力の点を除けば、極刑をもって臨むしかないが、法律上の減軽をすることになる」と裁判員裁判を覆し、無期懲役とした。

 この判決に、遺族は「家族をなくしたことのない人間が法律だけで裁く世の中でいいのか」と憤る。ネットの反応も「統合失調症なら人を6人殺しても死刑にならないのか」「法律論だけで減刑していいのか」と怒りの声が上がった。

・新潟女児殺害事件

 2018年、新潟県の路上で小学2年生の女児を誘拐し、わいせつ行為をしたうえ、殺害し、遺体をJR越後線の線路に載せ損壊するという非道極まりない事件が発生した。