またまた男で芸能活動停止の危機に陥った加護亜依

 元モーニング娘。の加護亜依が、芸能活動停止の危機にあることを今週発売の「女性自身」(光文社)が報じている。

 同誌によると、加護は現在交際中である飲食店経営の40代男性A氏と出会った昨年8月以降、仕事をドタキャンするなどして事務所から謹慎を命じられていたという。
 加護は今年1月にA氏を通じ独立を訴えたが、事務所は専属契約が2年残っていることなどを理由に拒否。すると、加護は事務所の許可なしにブログを立ち上げ、今月5日には東日本大震災のチャリティーの名目で都内でライブを強行。加護は6日のブログで、「売り上げは全額寄付します! また今月炊き出しにも行きますので!!」とつづり被災地支援は続ける意向のようだが、事務所との契約が残っているため、今後は表立った芸能活動をできず、芸能活動停止の危機に陥ってしまった。
 「A氏は以前、現在、引退状態の歌手の華原朋美と交際していたが、A氏のDVが原因で破局。そんなことを知ってか知らずか、加護はA氏にどっぷりハマっていて、A氏の指示に従って動いている。加護の事務所関係者は『早く目をさましてほしい』と嘆いている」(芸能記者)

 加護が芸能活動停止の危機に陥ったのは今回が初めてではなく、それも男絡みであることが多かった。
 「未成年だった06年に交際中だった18歳年上の男性らと一緒にいて喫煙している姿が写真誌に掲載され謹慎処分を受けた。男性と別れて禁煙すれば問題なかったが、翌年、謹慎中にその男性と1泊旅行し喫煙していたことが発覚し事務所を解雇された。その後、新しい事務所に入ったが、09年1月に写真誌で俳優の水元秀二郎熱愛が発覚。その後、水元の元妻から『離婚は加護が原因』として慰謝料を求めて提訴された。どちらの件でも加護は男にどっぷりハマって、周りのことが考えられなくなっていた」(週刊誌記者)

 もはや、加護が芸能活動を続けるには事務所に歩み寄るしかないが、このままA氏と交際しているうちは“我が道”を行くことになりそうだ。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2011年6月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。