素顔はカワイイ「女子ラッパー達」が、土曜日の新宿で“何かをやらかす”

 今週末6月26日(土)よりいよいよ『SR サイタマノラッパー2〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜』が公開。その公開を記念し、新宿バルト9では主役の女子ラップグループ(B-hack)の女子5名と、入江悠監督が登壇し、舞台挨拶を行う。翌27日(日)には浦和ユナイテッドシネマでの舞台挨拶を控える彼らだが、公開初日の女子ラッパー達は新宿バルト9を占拠。素顔はカワイイ彼女達が何かをやらかす?

 男性が主人公だった第一作とはガラリと様子が変わり、群馬県に住む20代の女の子が、かつて夢中になったラップに再び夢を抱き、何も無い現在の生活の中から再び“生きがい”を見出していくストーリー。充実した日々を送るのに地方も東京も無い事を教えてくれる味わい深い作品に仕上がっている。

 第一作の「SR サイタマノラッパー」が高評価であったがために、間を空けずに2を制作し、長期間に渡ってPRに奔走した結果「収入の道」が経たれたという入江悠監督。インディペンデントの映画の厳しい実態が、緊張感のある傑作を生んだようだ。そんなどんよりした“男”の入江監督を奮い立たせるように、キャストの“女性”たちによる女子ラッパーグループ「ビ・ハ・ク」はとにかく明るくて元気。公開前から上映館でチケットを手売りし、チラシを撒いたりして、この作品らしい手作りのプロモーションしている。結果、口コミで話題が広がり今作は夏の注目作になった。

 劇中は仲間割れするシーンもあるが、主演の山田真歩(アユム)と、桜井ふみ(マミー)、増田久美子(ビヨンセ)、加藤真弓(クドー)は、大の仲良し。今作で注目の若手女たちだ(写真参照)。当日はここに『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が公開中の売れっ子女優、安藤サクラ(ミッツー)が加わり、パフォーマンスをする模様。見ているだけでパワーがもらえる彼女たちに、ぜひ会いにきて欲しい。

 『SR サイタマノラッパー2〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜』は、6月26日(土)より、バルト9他で公開。上映時間など、詳細は公式HP(http://sr-movie.com/)で!

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年6月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら