整形疑惑にブログで反論の辻ちゃんは、言い訳の仕方をお勉強すべきだった?
拡大する(全1枚)

 お騒がせママドル「辻ちゃん」こと辻希美の周辺が、相変わらず騒々しいようだ。

 辻ちゃんといえば、去る1月に、元モーニング娘。の盟友・後藤真希の実母の葬儀に、大きなリボンとミニスカ姿で現れ大顰蹙を買ったことが記憶に新しいが、最近は整形疑惑でブログが炎上し、またしても針のムシロ状態になっている。

 問題の辻ちゃんブログがアップされたのが4月28日。しかもタイトルがまんま「☆整形疑惑…☆」という大胆不敵ぶりにもびっくりだが、その内容もあまりにあっけらかんとしていて、さらに驚きなのだ。

 「こりゃ整形疑惑出ちゃうょね………… デモ言っときますが 整形は本っっっ当にしてません (中略)今はカラコンもマスカラもマツエクもバッチリしてるのさぁ そりゃ顔………変わっちゃって『いじったぁ』って言われるょね とりあえずまだ生まれたままの状態デス 」(原文ママ)

 しかし本人が「メイクで変わったように見えるだけ」と主張するものの、デビュー当時の奥二重の小さな目と、今のぱっちりお目々を比較して、これを「メイクだけでこうなった」と説明したところで、あまりに苦しく、あまりに痛々しい。
 「メイクだけであの奥二重の目が、これだけ大きくなるとは考えられません。現にデビュー当時と比べて、白目の面積が広くなりすぎのように見えます。これは目頭切開をしている可能性が高いですね」(都内の美容整形外科医)
 専門家から見れば一目瞭然といったところなのだろうが、その対策として、ブログで疑惑に自ら回答するという選択は、別に間違ってはいない。所属事務所からのアドバイスで動いている可能性も十分に考えられる。

 しかし、それにしてもだ。弁明の内容が「お化粧で顔が変わりました」では、あまりに策がなさすぎたのではなかろうか。何しろ掛け算九九もできないと評判で、かつては「バカ女」(ばかじょ)の称号を与えられた辻ちゃんである。周囲がブログの発言の一言一句にまで、気を張って見守るべきだったのではないだろうか。

 無計画な行動がデキ婚に結びつき、その結果カリスマギャルママとして成り上がった通り、おバカゆえの行き当たりばったりな行動が、なぜかプラスに結びつく超強運に守られてきた、これまでの辻ちゃんの人生。今度のおバカ行動(ブログでのあんまりな言い訳)は、いったいどんな方向に転がっていくのだろうか?