消えたフジアナ? 宮瀬茉祐子はどこへ行った

 プロ野球・西武のエース涌井秀章と、『めざにゅ〜』(フジテレビ系)のメインキャスターなどで活躍するフリーアナ杉崎美香熱愛が、7月3日に発覚した。一部スポーツ紙では「今オフに結婚」と報じられるなど交際は順調のようだが、今回の報道に対して、「やっぱり女子アナと野球選手がくっつく確率は高い」と、多くの方がまたも思ったのではないだろうか。
 フリーに転向した「アヤパン」こと高島彩の年収が早くも1億円突破など、相変わらず景気のいい話ばかりが飛び交っているように見える女子アナ界だが、もちろん全員が勝ち組として笑っていられるワケではない。このような華やかなニュースの数々の陰で、ひっそりと涙にくれる女子アナも存在するのだ。

 一時期『めざにゅ〜』で杉崎とともに“朝の顔”として早朝のテレビを彩ったフジの局アナ・宮瀬茉祐子をこのところ、とんと見かけなくなった。アイドル性の高いタヌキ顔とグラマラスな肢体が特徴で、一部の女子アナ好きからは「おっぱいタヌキ」「おぱたぬ」とも呼ばれ人気だった彼女に、何があったのか。
 その宮瀬について衝撃的な一報を伝えるのが、『週刊大衆』(双葉社)7月18日号。
 報道によると宮瀬は、なんと6月22日の人事異動内示により、広報局への異動が決定。失意の宮瀬は、内示を受けた瞬間から泣き崩れたという。

 2005年にフジに入社した宮瀬だが、同期には超大物ルーキー・平井理央がいたため、美貌ながらも目立たない存在になってしまった感のある彼女。いま思うと、その不遇なアナ人生は入社時から約束されていたものだったのかもしれない。本分たるアナウンス技術の点でも、最後まで良い評判が聞かれることはなく、視聴者からは「噛むアナ」というありがたくない印象を持たれていた。さらに2009年には巨人・亀井義行と合コンの席でキスをしたことが発覚。さらに局内では遅刻魔として通っていて、素行の部分で評価はけっして高くなかったといえそうだ。
 生き馬の目を抜く競争社会ともいえる女子アナ界。競争に負けた(?)アナに待ち受けるのは、ツラく厳しい試練ということか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2011年7月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「皆藤愛子」のニュース

次に読みたい関連記事「皆藤愛子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「上田まりえ」のニュース

次に読みたい関連記事「上田まりえ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「生田竜聖」のニュース

次に読みたい関連記事「生田竜聖」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。