昭和5年に大発見の大洞窟…確かに鬼ヶ島には鬼がいた

昭和5年に大発見の大洞窟…確かに鬼ヶ島には鬼がいた

 僕は鬼ヶ島に行ったことがある。場所は香川県高松市。沖合約4kmの女木島(めぎじま)というところ。

 源氏と平家の「屋島の戦い」で活躍した那須与一が射た扇の、こわれた残りが流れ着いた、ということから「めぎ(めげた=こわれたの意)」と呼ばれ、これがその名の由来となっている島だ。
 そして、ここに鬼ヶ島伝説が伝承されている。早速、島に降りると、かわいい鬼の石像が出迎える。なぜかモアイ像もいた。聞くところによると、15年前にイースター島のモアイ像再建時にテスト用に使った模刻像が、鬼ヶ島に寄贈されたそうである。
 目指すは、昭和5年に発見された大洞窟。すると、“ハリウッドサイン”ばりに“鬼が島”と大々的に飾られた看板に出くわす。そこで待っていたのは、鬼によく似た係員だ。何と、髪型が鬼なのだ。そんな係員が、洞窟にいる“鬼たち”の解説をしてくれる。饒舌な話しぶりは、まさに「鬼に金棒」。
 洞窟内に飾られた鬼たちは、とてもエキセントリックでダイナミック。酒盛り場や婦女子の監禁室、番人の控室まであり、洞窟の中は怪しくも楽しい。それにしても、係員の“鬼さん”はとても優しい。丁寧に解説をしてくれ、はしゃぎ倒す子どもにも笑顔でいた。こうした現地係員の方々のお話は勉強になる。年配の方であればあるほど、貴重な話が聞ける。それこそ代々から伝わる、おとぎ話のような昔話が聞けるかもしれない。なので、ニ、三ほど質問を用意してから行くのもよいだろう。
 ひんやりとした大洞窟は、とても心地よかった。是非、この夏は鬼ヶ島へ。ちなみに係員の方は日替わりで交代なので、優しい“鬼”に会えるかどうかは、行ってみてのお楽しみ。 

鬼ヶ島大洞窟
住所:香川県高松市女木町
問い合わせ:鬼ヶ島観光協会

(「旅ライター」海飛車鱗(うみとしゃりん)山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鬼ヶ島 岡山
リアルライブの記事をもっと見る 2010年7月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鬼ヶ島 + 岡山」のおすすめ記事

「鬼ヶ島 + 岡山」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「オジンオズボーン」のニュース

次に読みたい関連記事「オジンオズボーン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タイムマシーン3号」のニュース

次に読みたい関連記事「タイムマシーン3号」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら