爆笑問題の太田光は、立川談志の息子だった!

 9月19日(月)に放送された『雑学王』で爆笑問題太田光が得意のシュールネタを披露した。

 クイズのテーマは「話題のお弁当箱」。USB端子で温められる弁当箱や、丼形の弁当箱などユニークなものが飛び出しスタジオは大盛りあがり。そのクイズの出題中、ナレーターが「会社に弁当を持ってくる男性のことを最近は『弁当だんし』と呼ぶ」と紹介したところ、太田が急に何かを思いだしたかのように自分のほほに手を当てしゃがれ声で「ん??。べぇんとうだぁんしぃ」と唸りはじめた。出演者も観客もなんのことかさっぱりわからない様子だったが、田中の「立川談志ね」というツッコミが入り、スタジオが大笑い…つまりこれはは『弁当だんし』と『立川談志』をかけたモノマネだったのだ。

 太田のモノマネはひとまず置いておくとして、かつて立川談志と太田光には奇妙かつ微笑ましいがあった。それはこの二人が実は「親子」なのではという噂である。
 この噂の発端はある日、談志がとある雑誌のインタビュー中、「爆笑問題の太田ね。あれはオレの隠し子だ」と話した事から広まったもの。もちろんこれは冗談のつもりだったのだが、あろうことかマスコミはこの冗談を真に受けてしまい、爆笑問題の事務所に電話が殺到。さらにはこの騒ぎを耳にした太田の父が妻に向かって「お前、談志とヤってないよな?」と尋ね、あわや熟年離婚! …の危機にまでなったという。

 確かに談志の若い頃の写真を見ると、広いおでこといい、たれ目がちの眉といい、大きい口といい、どこか太田光に似ているような気がする。しかも、お互い「不謹慎」なんて言葉をどこかに忘れてきたほどにブラックジョークが大好き。数々の対談をこなし、ふたりだけでラジオ番組を行うなど、その絆はとても深いものがある。それこそ本当の親子なら…と周囲が思うである。

 考えてみれば爆笑問題には「師匠」と呼べる存在がいない。一匹オオカミ的な魅力のあるビートたけしにしても弟子入りした芸の師匠はいるし、先輩にはとても礼儀正しかったことで有名だ。一方、爆笑問題は素人番組で芸能界デビュー、太田プロに入ったもののすぐに独立し、自分の事務所を作ってしまったために師匠はおろか先輩もいないのだ。

 だからこそ、太田は自分の尊敬する立川談志を師匠以上の親のように思い、かつて落語界の縦社会で大きな苦労をした談志は独特のセンスを持つ一匹オオカミの太田を子どものように可愛がっているのかもしれない。

 そう考えると、『雑学王』での微妙な談志のモノマネは最近表舞台に出てこない「親父」への愛に満ちあふれたギャグだったのかもしれない!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 爆笑問題 ライブ
  2. 爆笑問題 ラジオ
リアルライブの記事をもっと見る 2011年9月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「爆笑問題 + ライブ」のおすすめ記事

「爆笑問題 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「爆笑問題 + ラジオ」のおすすめ記事

「爆笑問題 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「石橋貴明」のニュース

次に読みたい関連記事「石橋貴明」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら