要注目!! AKB、SKE、HKT、NMB…各グループのハーフの子が可愛い!

要注目!! AKB、SKE、HKT、NMB…各グループのハーフの子が可愛い!

 先日、アイドルグループAKB48の姉妹グループで福岡を拠点に活動するHKT48が11月26日に初日公演を行うことを14日、福岡のHKT48劇場で発表した。まだまだ活躍もこれからという彼女達の中で、早速注目を浴びているメンバーがいる。日本人とロシア人のハーフの村重杏奈だ。

 彼女は父親が日本人、母親がロシア人のハーフで、ロシア語は日常会話も完璧にこなすバイリンガル。愛称の「あーにゃ」もロシアで「アンナ」と言う女性の愛称として使われる物なのだとか。HTK48劇場での挨拶もロシア語で行った彼女。彼女が目標とするアイドルは父の影響もあり、松田聖子だそうだ。

 これまでにも、AKBやその姉妹グループにもハーフのメンバーは存在した。例えば、AKB48にて第一線で活躍している秋元才加は母親がフィリピン人のハーフ。ハーフだからか? 秋元は英会話が得意なのだが、残念ながらフィリピン公用語のタガログ語は苦手なのだとか。また、大島優子もアメリカ人とのクォーター(母親がアメリカ人とのハーフ)であるし、12期の研究生として加入したサイード横田絵玲奈も父親がパキスタン人のハーフ。他にもSKE48に所属する木下有希子はスペイン人を母親に持つハーフ、NMB48にはブラジル人とのクォーター(父親がブラジル人とのハーフ)の與儀ケイラが存在する。ちなみに「ケイラ」とはブラジルに多い名前なのだとか。

 この通り、人数の多いAKBとその姉妹グループだけにハーフのメンバーはこれまでにも複数存在した。しかし、明確にハーフであり、バイリンガルであることをウリにした正規メンバーは彼女が初めて。ハーフやクォーターのメンバーは秋元や大島の活躍を見るまでもなく、人気が出て活躍の場も増えている傾向にある事から、彼女達にも期待が持てるのでは、とされている。

 それ以外にも、これだけハーフやクォーターのメンバーが居るのだから、グループの壁を乗り越えて特別ユニットとしてハーフやクォーターのメンバーだけで組むというのはどうか、との関係者の声もある。このようなことが出来るのも人数が多いAKBならではとの事らしい。

 今後の活動について既に注目の集まっているHTK48のメンバー達。勿論、仲間が増えたことはAKBや他のグループの面々にも励みになることだろう。姉妹・ライバルユニットが増えたことでいよいよグループ間ユニットも生まれてくるのか? 彼女達の今後に注目したい。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。