「亀田祭り」視聴率はまずまず! TBSは好評価

 12月7日、午後7時から9時24分の枠で、TBS系列で放送されたボクシング「亀田祭り」の視聴率は及第点を付けたようだ。

 メーンイベントを弟・大毅に譲って、先陣を斬った長男・興毅とマリオ・マシアスのWBA世界バンタム級タイトルマッチは、平均10.2%(以下、数字は関東地区)、瞬間最高が15.1%だった。前回の興毅の防衛戦(8・31日本武道館)の視聴率は16.7%で大きくダウン。ここ最近の興毅の世界戦の視聴率は13.8%、13.9%、そして前回の16.7%で、ワースト記録となった。ただ、平日の午後7時からの試合とあって、これまでと同等に比べるわけにもいかないだろう。

 一方、三男・和毅の試合の録画放送をはさんで、午後8時12分頃から放送されたメーンイベントの大毅対テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)のWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチは、平均14.7%、瞬間最高は判定結果が出た直後の20.3%。視聴率だけを見れば、大毅が兄・興毅を上回ったが、放送時間帯の違いもあり、一概に比較はできないだろう。

 この日は、フジテレビ系列が人気歌手を総結集させた「2011 FNS歌謡祭」(午後7時から11時18分)を同時間帯で放送。こちらは平均19.9%の好視聴率をマークした。日本テレビ系列の「笑ってコラえて! 吹奏楽部の感動旅完結編、汗と涙と友情SP」(午後7時から8時54分)も15.9%を記録した。

 強力な裏番組を敵に回しての、この数字はまずまず。TBS関係者は「各局の裏番組が強い中、この数字は十分な数字。大毅対テーパリット戦が手に汗握る素晴らしい試合をしたことが、この数字につながった」と評価した。むろん、“特別参戦”を果たした橋下徹新大阪市長、松井一郎新大阪府知事、はるな愛、misonoらが、少なからず視聴率獲得に貢献したのは事実だろう。

 ボクシングの場合、いい試合をすれば好視聴率が取れるという簡単なものではないが、負けたものの打たれても前に出続けた大毅の気迫が、視聴者の目を引き付けたのは確かかもしれない。
(落合一郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2011年12月9日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事

「ボクシング + 井上尚弥」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュース

次に読みたい関連記事「プロレス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。