「日本有線大賞」受賞したのにブログ炎上! ふくい舞の魅力とは?

 先日の12月10日、第44回日本有線大賞の各賞授賞式が東京は赤坂のTBS本社にて行われ、生中継で放送された。

 今年、大賞を受賞したのはふくい舞の「いくたびの櫻」。人気グループAKB48や有線大賞の常連氷川きよし、ドラマ『マルモのおきて』(系列)にて放送され、可愛いダンスで人気を呼んだ『マル・マル・モリ・モリ!』を唄う芦田愛菜ちゃんと鈴木福君のコンビ「薫と友樹、たまにムック。」を抑えての受賞に注目が集まっている。

 受賞曲「いくたびの櫻」は毎年咲き誇り、そして鮮やかに散ると共に愛し合って生きることの大切さを歌ったもの。発表直後より注目を集めていたが、特に東日本大震災の発生後は曲のテーマと歌が多くの人の共感を呼び、ロングヒット。有線放送でも初登場は53位だったがじわじわと人気を伸ばし上半期ではリクエスト数1位、その後44週で連続ランクインするなどの結果を残し、今回の受賞につながったと言われている。

 日本有線大賞はリクエストの多さで決まる上、最近は若年層を中心にラジオからネットへ移行していく傾向にあるため、今回の受賞で「初めて彼女の名前を知った」とする人も多いようだ。そのためか、彼女の公式ブログにはファンのお祝いコメントだけでなく、惜しくも受賞を逃してしまった別歌手のファンらしき者のコメントなどが殺到し、炎上状態となってしまっているのが残念な所だ。

 本人は有線大賞で歌ったときのことを「大切な人との絆を感じながら穏やかな気持ちで来年の桜を眺めていただけたらと、『いくたびの櫻』のテーマ、『再生の願い』を込めて歌わせていただきました」とし、受賞についても「まだまだ未熟な私ですが、この受賞に恥じないように、『いくたびの櫻』が世代、時を超えて、愛され歌い継がれる歌になるよう、来年も再来年も、この歌を大切に届けていきたいと思います。皆様、本当にありがとうございました」とブログにて綴っている。

 彼女は現在、人気RPGシリーズの最新作『ファイナルファンタジーXIII-2』のテーマソングを担当。これからもどんどん活躍の場が増えていく事は間違いないだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2011年12月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら