相撲部屋の親方がまた急死! 史上初めて高校生でアマ横綱となった元幕内・久島海の田子ノ浦親方が死亡

 角界では九州場所を目前に控えた昨年11月7日、元横綱・隆の里の鳴戸親方(本名・高谷俊英=たかやとしひで)が、急性呼吸不全のため急死したばかりだが、また親方の訃報が届いた。元幕内・久島海の田子ノ浦親方(本名・久嶋啓太=くしまけいた)が2月13日、急死した。

 同日午後4時45分頃、東京都江東区北砂にある田子ノ浦部屋で、田子ノ浦親方が吐血して倒れたと通報があった。東京都墨田区内の病院に搬送されたが、すでに心肺停止状態だった。46歳の若さだった。この日の朝もふだん通り、出稽古先の春日野部屋で弟子の稽古を見守ったという。警視庁城東署によると、田子ノ浦親方は部屋で家族といた際に突然吐血して倒れたという。死因は13日時点で不明だが、事件性はないとみられる。残された弟子は出羽海部屋に移籍することになるもよう。

 田子ノ浦親方は和歌山・新宮高校在学時、3年連続高校横綱となり、3年次には全日本選手権をも制して、史上初めて高校生としてアマチュア横綱となった。進学した日本大学でも3年連続で学生横綱となるなど、史上最多の28個のタイトルを獲得した。

 鳴り物入りで出羽海部屋に入門。88年初場所(1月)にて幕下60枚目格で初土俵を踏んだ。幕下ではややもたつき、所要7場所で関取になった。十両では2場所連続優勝を果たし、2場所で通過。89年名古屋場所(7月)で新入幕を果たした。

 しかし、周囲の期待とはうらはらに幕内では故障もあって伸び悩み、自己最高位の前頭筆頭まで3度上がったが、いずれも負け越して三役に昇進することはできなかった。98年初場所(1月)で5度目の十両陥落。翌春場所(3月)で3度目の十両優勝を飾るも、これ以降、幕内に復帰することはできず、同年秋場所(9月)で大きく負け越して幕下陥落。翌九州場所(11月)を前に引退した。

 準年寄を経て、年寄・田子ノ浦を襲名。00年2月に出羽海部屋から独立し、田子ノ浦部屋を興した。昨年11月の九州場所では、ブルガリア出身の碧山が部屋初の幕内力士となったばかりで、これからという矢先だった。田子ノ浦親方は03年に急性心筋梗塞で倒れてからは、80キロの大減量に成功し健康管理にも注意を払っていたという。

 通算成績462勝442敗。幕内在位は35場所。敢闘賞を2度受賞、金星は2個上げている。三役には上がれなかったが、最盛期には200キロを超す巨体を、対戦相手に真正面からぶつけるド迫力の相撲は印象深い。慎んで哀悼の意を表します。
(落合一郎)

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年2月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。