12球団監督去就情報

 オールスターでペナントレースは小休止だが、12球団監督にとっては、27日から再開される後半戦へ向けた大事な準備期間で気の休まることはない。来季の去就が正式に決まるのは、これからだからだ。

 3年契約の2年目で来季まで契約があるのが、首位で前半戦を終えた巨人・原辰徳監督、3位だが、その差3ゲームで完全に射程距離圏内の中日・落合博満監督。後半戦スタートの27日からいきなり直接対決3連戦だ。もっかのところ、2人とも来季続投に関しては間違いだろうが、決して安閑としてはいられない。最終的にV逸すれば、来季が待ったなしの正念場になってくる。
 V9超え指令を出している巨人・渡辺恒雄球団会長が、前半戦の報告会で「大監督になってきている」と原監督を絶賛したというが、2位・阪神に0.5差とはいえ、首位なのだから当たり前。逆転優勝を許せば、手のひら返しは容易に想像がつく。この時期の言葉は当てにならない。「4年ぶりのリーグ優勝、巨人戦16勝8敗」のノルマを、白井文吾オーナーから課されている中日・落合監督もこれからが勝負の時だ。

 今季で2年契約が切れる阪神・真弓明信監督は、坂井信也オーナーから「よくやっている」とお褒めの言葉をもらっており、続投ムードだが、油断は禁物だ。このまま最後まで優勝争いをすれば、2位でも来季続投となるだろうが、急降下して3位以下に転落すれば、再契約は微妙になってくる。泥沼の最下位の責任を取り、辞任した高田繁監督の後を受け、チームを4位に急浮上させたヤクルト・小川淳司監督代行だが、来季は荒木大輔投手コーチの監督昇格が既定路線視されている。代役だけで終わり、補佐役のヘッドコーチに戻ることになりそうだ。

 最下位争いをしている就任1年目の広島・野村謙二郎監督、横浜・尾花高夫監督は、今季限りでいきなり解任はなくても、短期政権になるか、ある程度の期間監督をやれるか、後半戦の戦いぶりにかかってくる。パ・リーグで同じく1年目同士で最下位争いの楽天・ブラウン、オリックス・岡田彰布監督も同様だろう。もう一人の就任1年目監督のロッテ・西村徳文監督は開幕から快進撃を続け、故障者続出にもかかわらず、球宴前まで5年ぶりの優勝を狙える3位に好位置をキープしており、評価は高い。胸を張って来季続投となるのは間違いない。

 一時期の低迷からチームを急浮上させ、首位・西武に0.5差と肉薄しているソフトバンク・秋山幸二監督。リーグ連覇の可能性が出てきた日本ハム・梨田昌孝監督ともに、来季まで契約があり、優勝できなくても今季限りの解任はないだろう。

 就任1年目の一昨年、いきなり日本一になり、失敗を怒らない新人類世代の新監督像としてもてはやされたが、一転して昨年は4位に沈んだ西武・渡辺久信監督。雪辱の年だった今季、0.5差ながら首位で折り返した。最大の不安点だった抑え不在を大胆策で解消。なんと中継ぎで獲得したシコースキーに任せる度胸の良さが吉と出ている。主砲・中村が故障リタイアしても動揺することなく、栗山を4番に抜てきする奇策と、中島を代役にするオーソドックスな策を自由自在に使い分け、窮地をしのいでいる。新たな2年契約の1年目の今季、V奪回すれば、長期政権が視野に入ってくるだろう。逆に2年連続のV逸になったら、契約切れの来季が勝負の年になる。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2010年7月23日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。