【週刊テレビ時評】大凡戦でも亀田興毅強し! 伝統の阪神対巨人戦も「痛快!ビッグダディ」に惨敗!

 番組改編期とあって、先週も特番やスポーツ番組が多い週となりました。

 そんななかで、目を引いたのはボクシング亀田興毅の強さです。4月4日水曜日にTBS「ボクシングW世界戦亀田V4戦&清水王座統一戦」(午後7時~8時49分)が放送されたが、興毅が登場した7時50分以降の平均視聴率(関東地区)は14.6%。瞬間最高は18.7%で、判定結果が出たシーンだった。

 これは、同時間帯の日本テレビ「1番ソングSHOW平成の最強春ソングスペシャル!」(午後7時~8時54分)=13.1%、テレビ朝日「くりぃむクイズミラクル9 3時間SP」=12.2%を上回り民放トップ。

 試合内容は全く見どころがない大凡戦で、観客からブーイングも飛んだようですが、それでも、興毅戦への注目度は、やはり高いもよう。前回の試合は昨年12月7日の「亀田祭り」だったが、この際はメーンイベントを弟・大毅に託し、興毅はセミファイナルに登場。放送時間が午後7時からと早かったこともあって、視聴率は10.2%(大毅戦は14.7%)に終わった。ここ最近では13.8%(10年12月26日)、13.9%(昨年5月7日)、16.7%(同8月31日)で、おおむね15%前後の安定した視聴率を弾き出している。ボクサーとしては批判も多いようだが、TBS的には優良番組のひとつといえるのでしょう。ただ、今回は試合後の興毅のインタビューが番組内に収まらず、放送枠に課題を残しました。

 6日金曜日には日本テレビが「王者粟生&山中W世界戦 長谷川穂積再起!ボクシング3大戦 The REAL」(午後7時~8時54分)を放送。ボクシングの日本人世界王者、粟生隆寛、山中慎介のW世界戦と、元世界王者・長谷川穂積の再起戦をダイジェストで流しましたが、視聴率は8.9%とふるわず。改めて、興毅との注目度の差を感じさせた。

 また、3月30日に開幕したばかりのプロ野球。巨人対ヤクルトの開幕戦(日本テレビ)は11.8%と厳しいものでしたが、4月3日火曜日の広島対巨人戦(TBS)は9.0%と1ケタ台。7日土曜日の伝統の阪神対巨人戦(TBS)も10.0%と低調。娯楽の多様化、BSやCSでの野球中継普及の影響もあるとは思いますが、プロ野球巨人戦の視聴率は開幕早々、低い数字にとどまっています。

 7日の阪神対巨人戦は、「痛快!ビッグダディ14」(テレビ朝日)、「日テレ系人気番組の最強先生が来襲 春の番組対抗スペシャル」(日本テレビ)との全面対決となりましたが、午後7時以降の数字でビッグダディは16.1%、日テレは16.4%で大惨敗。かつては、高視聴率を取っていた巨人戦が、タレントが1人も出ていないビッグダディに負けてしまうというのは、寂しさも感じてしまいます。

 なお、5日木曜日に放送されたテレビ朝日「サッカー・キリンチャレンジカップ2012~なでしこジャパン×ブラジル女子代表」(午後7時45分~9時48分)は17.5%の好視聴率をゲット。1日日曜日のアメリカ戦の14.8%を超え、なでしこ人気の変わらぬ人気を示しました。
(坂本太郎)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2012年4月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら