お笑い芸人 豪快伝説 其の十二『千原ジュニア』

お笑い芸人 豪快伝説 其の十二『千原ジュニア』

 お笑い芸人。コメディアン。エンターテイナー。そんな彼たちがかつて刻んだ偉大なる伝説、爆笑列伝を紹介していく連載の12回目。トゥウェルブバウトは、千原ジュニアだ。

 「ジャックナイフ」。大阪・ミナミにまだ心斎橋2丁目劇場があったころ、千原兄弟の千原浩史(当時)はこう呼ばれていた。一日24時間ずっと、お笑いのことを考え、尖りまくっていたことが、そういわれたゆえんだ。しかし、ほんとうは違う。

 中学時代、有名進学校に合格したことが引き金となって、登校拒否、部屋にひきこもり。学校、友だち、家族との関係を絶ち、孤立した。みずから進んだ見えない迷路。ようやく出口が見えてきたとき、相方の兄・千原せいじに誘われて、お笑い芸人の道へ進んだ。もう2度と暗黒のブラックホールに戻らないためには、自身が鋭利なジャックナイフになるしかなかったのだ。

 急性肝炎とオートバイの大事故で、2度も生死をさまよった。事故で顔面が破壊したときは、人前に出る仕事をあきらめた。まだ20代。第二の人生は、放送作家と決めた。そんな浩史を再びステージに上げようとしたのは、吉本芸人の面々。板尾創路、東野幸治、今田耕司、松本人志、桂三度(世界のナベアツ改め)などのイキな見舞いによって、励まされ、表舞台に立てるまでになった。千原ジュニアの誕生である。

 先輩たちから学んだことのひとつが、借金してでも先輩は後輩におごる。ジュニアは、その教えを忠実に守った。無名であっても、笑いの原石がいればどんどん飲み会に参加させた。テーマは、「最近あったおもしろい話」。飽きると、大喜利。プライベートでも、笑いの身体能力を高めるストイックさは忘れない。さながらお笑い合宿だと、脱落する芸人も出たほどだ。

 年に何度も、大好きな宮古島に足を運ぶ。まとまった休みが取れれば、海外にも飛ぶ。誘う作家、貧乏芸人、その家族のぶんまで旅費も負担することも珍しくない。総額がン百万円になっても、番組で話せるネタのためだと割り切る。

 いちばん近い側近者であるBコースのタケトが結婚した際には、「大金」、「中ぐらい」、「小額」と書かれた3つの袋を用意して、そのなかから1つを、妻に選ばせた。見事に大金を選び、パーティーは盛りあがったが、妻いわく「袋の厚さが全部同じだったから、全部に大金が入っていた」。

 同じく、後輩が結婚報告に来ると、その時点で財布に入っている札束を目の前ですべて渡す。1万円の子、20万円の子。不平等であっても、運を重視するのだ。

 そんなジュニアを、芸人のなかの芸人だと崇拝する芸能人は多い。それは、大事故、先輩、そして“残念な兄”が、彼の才能を研磨した結果である。(伊藤由華)

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2012年5月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュース

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。