日産 バネット 緩衝装置と電気装置に不具合

--------
この事案は掲載を終了しました
--------
日産自動車(株)は、「バネット」の緩衝装置(ロアアーム)と電気装置(電気配線)に不具合が判明したため、製造元のマツダ(株)を通して国土交通省にリコールを届け出た。なお、このリコールの下記1、2については、2009/03/05付リコールで市場措置が不要と判断した車種において同様の問題が判明したため、対象車両を追加し新たに届出を行うもの。
【不具合の内容】
1.フロントサスペンションで、ロアアームとロアアームボールジョイントの組み付け工程が不適切なため、ボルトの締め付け力が不足するものがある。そのままの状態で使用を続けると当該ボルトが緩み、最悪の場合 当該ボルトが折損して、走行不能となる恐れがある。
2.リコール届出番号1821の市場措置で、ロアアーム、またはロアアームボールジョイントを交換した場合のボルトの締め付け方法が不適切なため、ボルトの締め付け力が不足するものがある。そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが緩み、最悪の場合 当該ボルトが折損して、走行不能となる恐れがある。
3.原動機制御用電気配線を保護するチューブの長さが不足しているため、当該電気配線が金属ブラケットと干渉しているものがある。そのまま使用を続けると配線被覆が損傷し、最悪の場合 短絡して燃料制御系ヒューズが切れ、原動機が停止して再始動できなくなる恐れがある。


【発 表 日】2009/10/22
【企 業 名】日産自動車株式会社
【キーワード】ニッサン日産ボルト折損走行不能チューブブラケット国土交通省国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
http://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/report2400.html
http://www.mlit.go.jp/common/000050984.pdf

【お問い合せ】
日産自動車(株)
0120-315-232
受付時間 9:00~17:00(年末年始を除く)

■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

気になるキーワード

リコールプラスの記事をもっと見る 2009年10月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら