スリングや抱っこひもで窒息・脱臼事故 使用に注意!

       
スリングや抱っこひも(子守帯)の使用時における赤ちゃんの危害・危険情報が多く寄せられていることを受け、(独)国民生活センターは、子守帯の使用に関して注意喚起を行うこととした。
同センターによると、1999年~2010年までの10年間に64件もの危害・危険情報が寄せられているとのこと。ケガをした赤ちゃんの年齢をみると、0歳が全体の半数以上を占めており、0歳3カ月から0歳8カ月に多くみられた。危害内容としては、「打撲傷・挫傷」が大半であったが、窒息や転落、脱臼などの事例もあるという。米国やカナダでもスリングの使用による死亡事故が発生しており、2010/03/12にCPSC(米国消費者製品安全委員会)が、4カ月未満の赤ちゃんにスリングを使う場合の窒息の危険性について警告情報を発信。また同日、Health Canada(カナダ保健省)もスリング等を使用する際の転落や窒息事故に関し、注意喚起を行った。
同センターは、スリングや抱っこひもを使用する際の注意点として、赤ちゃんの体の向きに配慮し、気道をふさぐような体勢にならないよう注意しながら使用することや、首が据わるまでは背当て、頭当てがあるものを選ぶことなどをあげている。(R+編集部)
【発 表 日】2010/03/26
【企 業 名】独立行政法人国民生活センター
【キーワード】子守帯窒息死亡事故事故けが怪我ケガ負傷
【 ジャンル 】ベビー用品
【 関連情報 】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20100326_1.html
米国から輸入の抱っこひも 窒息の恐れで回収
ベネッセ たまひよSHOP 窒息の恐れの抱っこひも回収
【お問い合せ】
(独)国民生活センター 相談部危害情報室
TEL 03-3443-6223
■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

当時の記事を読む

リコールプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年3月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。