宮城産汚染わら 群馬の農家にも [震災]

群馬県は、2011/07/18の稲わら使用状況調査で、太田市の1農場で宮城県産の稲わらを購入して肉用牛を飼養していることが判明したため、稲わらの検査を行ったところ、暫定許容値を若干上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。07/19に農場で保管していた稲わらを採取し検査したところ、1,750ベクレル/kg(牧草換算:390ベクレル/kg)の放射性セシウムが検出されたという。この農場からは、04/01~07/17の間に(株)群馬県食肉卸売市場に355頭が出荷された。なお、出荷された牛の肉について放射性物質検査を行った結果、放射性セシウムは暫定規制値を大きく下回っていた。
さらに県は、安中市と高崎市の2農場でも宮城県産稲わらの検査を行ったところ、安中市の農場からは最大で18,700ベクレル/kg(牧草換算:4,300ベクレル/kg)、高崎市の農場からは13,200ベクレル/kg(同:3,000ベクレル/kg)の放射性セシウムが検出されたと発表した。安中市の農場では全ての稲わらが未使用だったが、高崎市の農場からは05/25~06/29の間に東京都中央卸売市場食肉市場に13頭が出荷されたという。
牛を出荷した太田市及び高崎市の農場では、現在、宮城県産の稲わらの給与及び肉牛の出荷を自粛している。(R+編集部)

【発 表 日】2011/07/20
【更 新 日】2011/07/21
【企 業 名】群馬県

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2011年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら