docomo 一連の通信障害で総務省が行政指導

2011/06以降、spモードやネットワークの通信障害が続いた問題で、総務省から再発防止策を含む対策を早急に講じ、結果を報告するよう指導を受けた。
ドコモでは、2011/06/06、08/16、12/20、2012/01/01、01/25に音声通話やメール、インターネット接続等が一時利用しづらくなるなどの事故が発生。スマートフォンのサービスに関連した障害が多く、総務省によると、スマートフォン利用者が急増する中で、システムの信頼性向上対策等の必要かつ適切な措置が十分に講じられていなかったと考えられる。特に12/20の障害では、利用者のメールアドレスやメール本文等が漏えいした。同省は、「電気通信事業法に規定する通信の秘密の漏えいがあったものと認められるとともに、個人情報の保護に関する法律及び電気通信分野における個人情報の保護に関するガイドラインに規定する安全管理措置義務に違反する」とし、対策を求めた。
ドコモは、「多くのお客様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」とコメント。2011年末に「ネットワーク基盤高度化対策本部」を設置し、スマートフォン5000万台にも耐えうるネットワーク基盤の高度化実現に取り組むとともに、一連の障害の責任を明確にするため、取締役報酬及び執行役員報酬の一部を返上する。(R+編集部)

【発 表 日】2012/01/26
【企 業 名】株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2012年1月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら