ベーコン産地不適正表示 石川県の業者に改善指示

外国産の豚肉を使用して製造したベーコンに、原料肉の産地を国産と表示し販売していたとして、石川県は能登食品工房に対し、JAS法に基づく改善指示、指導を行った。
県によると、2011/07~2012/04末までに「パンチェッタ(生ベーコン)」約200kg、「ショルダーベーコン(生ベーコン)」約300gが一般消費者に販売された。また、この他にウインナー類や和牛加工品について検査したところ、主な販売手段である催事の販売記録がないなど、表示を適正に行っていることの根拠となる情報を記載した書類が適切に整備・保存されていないことも判明した。(R+編集部)

【発 表 日】2012/06/06
【企 業 名】有限会社能登食品工房
【キーワード】ベーコン不適正表示JAS法
【 ジャンル 】食品
【 関連情報 】
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kisya/h24/documents/nouan0606...
---
【お問い合せ】
石川県 農林水産部 農業安全課
076-225-1625(内線 4700)

■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2012年6月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。