ホンダ フィットHV エンストする恐れ

「フィット」(ハイブリッド車)の動力伝達装置(自動変速機制御コンピューター)に不具合が判明したことから、国土交通省にリコールを届け出た。不具合は以下の通り。
(1)7速DCT型自動変速機を搭載した車両で、エンジン制御ユニット(ECU)のプログラムが不適切なため、低車速でアクセルをオフにした際、エンジンにかかるモーターの充電負荷よりエンジン出力が低いため、エンジン回転数が低下することがある。そのため、エンジンの回転が不安定になりエンストする恐れがある(停止後の再起動及び走行は可能)。
(2)7速DCT型自動変速機を搭載した車両で、トランスミッションドライバーユニット(TDU)のプログラムが不適切なため、
[1]車両起動時にギヤチェンジ用アクチュエーターの出力を監視している2種類のIC間でクロック精度に差があり、起動準備が完了しているにもかかわらず未完了と誤判断することがある。そのため、メーターディスプレイのトランスミッション警告灯が点滅し、「トランスミッション点検」の表示が点灯するとともに、駐車状態から起動しなくなる恐れがある。
[2]車両起動時にプログラムが立ち上がる際、起動に必要な一部データを消去してしまうことがある。そのため、パワースイッチを押しても駐車状態から起動しなくなる恐れがある。
(3)7速DCT型自動変速機を搭載した車両で、ハイドロスタティッククラッチアクチュエーター(HCA)のプログラムが不適切なため、クラッチの締結力を制御するピストンの移動量を検出するセンサーが移動量を誤検知することがある。そのため、HCA内部異常と判断し、メーターディスプレイのトランスミッション警告灯が点滅し、「トランスミッション点検」の表示が点灯するとともに、発進や後退ができなくなる恐れがある。

※DCT型:デュアルクラッチトランスミッション型
(R+編集部)

【発 表 日】2013/12/20
【企 業 名】本田技研工業株式会社
【キーワード】国土交通省エンスト変速機HVハイブリッド本田ホンダ国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
http://www.honda.co.jp/recall/131220_3278.html
http://www.mlit.go.jp/common/001022591.pdf
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。