連節バス Citaro-G 走行中エンジン停止する恐れ

メルセデス・ベンツ「Citaro-G(シターロG)」で、走行中にエンジンが停止するなどの恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。不具合は以下の3点。
連節バスで、
(1)ワンマンバス構造要件に適合させるための改善措置が不適切なため、中扉及び後扉付近に乗客がいる場合であっても、運転者の操作により当該扉が開くことがある。そのため、ワンマンバスの構造要件に適合しなくなる恐れがある。
(2)運転者席後方配電箱内の配線固定用ブラケットの端部処理が不適切なため、配線が当該ブラケットの端部と干渉することがある。そのままの状態で使用を続けると、配線の被覆が損傷して短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなる恐れがある。
(3)車体後面に設置されているエンジン点検用開口部パネルの取付方法が不適切なため、当該パネルの接着力が不足しているものがある。そのままの状態で使用を続けると、車体後面から当該パネルが脱落して、他の交通の妨げになる恐れがある。
(R+編集部)

【発 表 日】2017/12/20
【企 業 名】三菱ふそうトラック・バス株式会社
【キーワード】連節バスバス三菱ふそう三菱ふそうメルセデスベンツベンツワンマンバスドア構造要件不適合配電箱配線ブラケット被覆損傷短絡ショートエンジン停止再始動不能パネル取付不良接着不良脱落国土交通省国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
http://www.mlit.go.jp/common/001216939.pdf
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

気になるキーワード

リコールプラスの記事をもっと見る 2018年1月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュース

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら