コマツ 4車種 ディーゼルエンジン排気管不具合

「GD675-6」「WA270-8」「WA320-8」「WA380-8」の一酸化炭素等排出発散防止装置(排気管)に不具合があり、排気ガスが漏れる恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。ディーゼルエンジンの排気管(尿素水ミキシング配管)で、溶接工法が不適切なため、溶接部の耐食性が低下しているものがある。そのため、排気ガスの腐食成分により溶接部が腐食して亀裂が生じ、そのままの状態で使用を続けると、原動機の振動等により亀裂が進展し、最悪の場合、排気ガスが漏れる恐れがある。これまでに不具合発生や事故の報告はない。(R+編集部)

【発 表 日】2018/03/30
【企 業 名】株式会社小松製作所
【キーワード】コマツディーゼルエンジン排気管溶接不良腐食亀裂ひびヒビ排気ガス漏れ排気漏れ国土交通省国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
https://home.komatsu/jp/press/2018/others/1199165_1599.html
http://www.mlit.go.jp/common/001228394.pdf
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2018年4月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。