スバル 3車種 走行中エンジン停止の恐れ

「インプレッサ」「フォレスター」「BRZ」の原動機(バルブスプリング)に不具合があり、走行中にエンジンが停止する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。原動機の動弁機構部で、設計が不適切なため、バルブスプリングの設計条件よりも過大な荷重及び一般的な製造ばらつきによる当該スプリング材料中の微小異物によって、当該スプリングが折損することがある。そのため、エンジンから異音が発生し、また、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止する恐れがある。トヨタ「86」についてもあわせてリコールを届け出た。これまでに不具合が94件、事故はない。(R+編集部)

【発 表 日】2018/11/01
【企 業 名】株式会社SUBARU
【キーワード】スバル原動機バルブスプリング設計不良折損エンジン異音エンジン不調エンジン停止国土交通省国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
https://www.subaru.co.jp/press/recall/2018_11_01_6443/
http://www.mlit.go.jp/common/001259127.pdf
トヨタ 86 走行中エンジン停止の恐れ■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

当時の記事を読む

リコールプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スバル」に関する記事

「スバル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スバル」の記事

次に読みたい「スバル」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。