新明和 小型ダンプ3車種 制動力低下の恐れ

三菱「ふそうキャンター」、ニッサン「アトラス」、UDトラックス「カゼット」の荷台(ダンプ作動用油圧ホース固縛ステー)に不具合があり、ブレーキ液が漏れて制動力が低下する恐れがあるとして、国土交通省にリコールを届け出た。小型ダンプトラックのダンプ作動用油圧ホース固縛ステーと後輪用ブレーキ配管の隙が小さいため、走行振動で当該ステーと後輪用ブレーキ配管が干渉する恐れがある。そのままの状態で使用を続けると、後輪用ブレーキ配管が損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下する恐れがある。これまでに不具合が1件、事故はない。(R+編集部)

【発 表 日】2018/12/04
【企 業 名】新明和工業株式会社
【キーワード】新明和ダンプトラック油圧ホースステーブレーキ配管損傷ブレーキ液漏れ制動力低下国土交通省国交省
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
http://www.shinmaywa.co.jp/minasama/pdf/181204.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001263744.pdf
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2018年12月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。