高杉製薬 消毒用エタノールT 一部規格逸脱の可能性

指定医薬部外品「消毒用エタノールT」の安定性モニタリングで、一部の規格が品質保証期間にわたって維持できない可能性が確認されたため、回収する。承認規格の項目である日本薬局方医薬品各条の消毒用エタノール「純度試験(4)他の混在物(吸光度)」に関する3種の波長(1)240nm、(2)250~260nm、(3)270~340nmのうち(3)で、製造後1年半~2年程度で規格値から逸脱する可能性がある。樹脂容器からの溶出物が原因であり、溶出物による皮膚刺激の可能性は否定できないが、局所的な使用にとどまるため、重篤な健康被害はないと考えられる。これまでに関連する健康被害の報告はない。(R+編集部)

【発 表 日】2019/05/13
【更 新 日】2019/05/15
【企 業 名】高杉製薬株式会社
【キーワード】消毒エタノール純度試験吸光度規格逸脱樹脂溶出物指定医薬部外品医薬部外品
【 ジャンル 】医薬品日用品
【 関連情報 】
http://www.takasugi-seiyaku.co.jp/img/recall_newly_designate...
http://www.info.pmda.go.jp/rgo/MainServlet?recallno=2-8837
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら

あわせて読みたい

リコールプラスの記事をもっと見る 2019年5月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。