「スバル レヴォーグ」のデータコミュニケーションモジュールに不具合があり、緊急時に音声通話ができない恐れがあるとして、国交省にリコールを届け出た。テレマティクスシステムの構成部品であるデータコミュニケーションモジュールにおいて、回線停止作業が不適切であったため、通信機能を停止したものがある。そのため、緊急時に音声通話ができず、保安基準第43条の8(事故自動緊急通報装置の基準)に適合しない。(R+編集部)


【発 表 日】2022/02/04
【企 業 名】株式会社SUBARU
【キーワード】国交省国土交通省スバルレヴォーグデータコミュニケーションモジュール緊急時音声通話が
【 ジャンル 】自動車
【 関連情報 】
https://www.subaru.co.jp/recall/data/22-02-04.html
---■詳細はこちら
■その他の情報はこちら