二日酔いの頭痛、最もよい解消法は“はちみつ”―米研究報告

二日酔いの頭痛、最もよい解消法は“はちみつ”―米研究報告
29日、二日酔いの頭痛には“はちみつ”の摂取が最も効果があるという米国の研究報告が伝えられた。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g23403.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年8月29日、生命時報は、「二日酔いの頭痛には、“はちみつ”の摂取が最も効果がある」という米国の研究報告を紹介した。

北京五輪の開催期間、市民の楽しみと言えば、気のおけない友人と冷えたビールを飲みながら、白熱した試合をテレビ前で応援することだったのではないだろうか。しかし、飲み過ぎた翌日に待ち受けるのは、二日酔いの頭痛だ。二日酔い経験者の多くが、頭痛を和らげようと色々な解消法を試したはず。【その他の写真】

先ごろ、全米頭痛財団(National Headache Foundation/NHF)は、「二日酔いの頭痛を解消する最も効果的な方法は、はちみつを摂取することである」とする研究報告を発表。同研究の責任者であるMerle Diamond博士は、「はちみつには、果物の大半には含まれない果糖の一種が含まれる。その果糖がアルコールの分解を促進し、頭痛を軽減させる」と科学的に検証した。

同報告は、「お酒を飲む前あるいは飲んだ後、はちみつ入りのビスケットやパンを少し口にするだけでも効果がある」と紹介。このほか、熱いお茶にはちみつとレモンを混ぜた“はちみつレモンティー”も酔い覚ましにおすすめしている。

また、はちみつには睡眠効果があり、早い眠りを誘うだけでなく、翌日には頭痛もないという。一方で、同報告は飲み過ぎる人たちに「お酒をほどよく控え、速いペースで飲まないこと。空腹時に飲まないこと。過度の飲酒による日常性の頭痛は、薬物療法が必要になる」と注意を促している。(翻訳・編集/SN)

【関連記事】
<北京五輪・関連>頭の中は「五輪」ばかり、市民に「新・五輪症候群」―中国
<北京五輪・関連>宴の後は「たまった仕事」、現実に戻る市民達―中国
<北京五輪・関連>どうなる五輪後の自動車規制?ネット上で熱い議論―北京市
漢方の生薬「葛根」、“豊胸”効果はウソ?―中国
嘘だったんだ!精力増強に動物の「アレ」=専門家は効果を否定―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年9月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。