中国銀行支店の75億円横領事件、元支店長ら4人の罪が確定―米国

中国銀行支店の75億円横領事件、元支店長ら4人の罪が確定―米国
31日、中国銀行広東省開平支店の歴代支店長3人によるおよそ5億元(約75億円)の横領事件で、米司法当局は、元支店長の許超凡被告ら4人が共謀して銀行資金を横領し、マネーロンダリングなどを行ったとの裁定を下した。資料写真。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g23450.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年8月31日、中国銀行広東省開平支店の歴代支店長3人によるおよそ5億元(約75億円)の横領事件で、米司法当局は、元支店長の許超凡(シュー・チャオファン)被告ら4人が共謀して銀行資金を横領し、マネーロンダリングなどを行ったとの裁定を下した。中国新聞網が伝えた。

英BBCや米AP通信などによると、現地時間の29日、許被告とその妻の余英怡(ユー・インイー)被告、同じく元支店長の許国俊(シュー・グオジュン)被告とその妻の●(=広におおざと)婉芳(クアン・ワンファン)被告の4人に、共謀して銀行資金の横領やマネーロンダリングによって資金を米国に持ち出したなどとする裁定が下された。【その他の写真】

4人は91年からの約10年間、すでに罪が確定し中国に送還されている元支店長の余振東(ユー・ジェンドン)被告と共謀して、4億8300万元(約72億4500万円)もの銀行資金を横領。01年に発覚した際には、全員すでに米国に逃亡していた。だがその1年後、ロサンゼルスで余被告が逮捕。04年にはテキサス州で許国俊被告、そのすぐ後にはオクラホマ州で許超凡被告が逮捕されていた。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国銀行行員、巨額横領し家族で海外逃亡―香港メディア
テロ被害者が中国銀行を提訴、「テロ組織の資金調達に協力した」=中銀側は否定
海外逃亡の汚職官僚200人上回る!死刑逃れ、法律問題から引き渡し受けられず―中国
Wanted!海外逃亡した巨額汚職・横領事件の逮捕者リストを公表―中国
逃亡の「中国汚職役人」狩り?=不動産買い漁り受け―米国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年9月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。