国鳥候補「スズメ」の人気が急浮上、「地味だけど生命力は強い」―中国

国鳥候補「スズメ」の人気が急浮上、「地味だけど生命力は強い」―中国
5日、中国の「国鳥」選定問題で、ネットユーザーの間から「スズメ(中国名:麻雀)」を推す声が上がっている。これまでの調査では「丹頂鶴」が一番人気だったが、学名が「日本の鶴」になっていることから一部で強い反発を受けてきた。写真はスズメ。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g23623.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年9月5日、中国の「国鳥」選定問題で、ネットユーザーの間から「スズメ(中国名:麻雀)」を推す声が上がっている。これまでの調査では「丹頂鶴」が一番人気だったが、学名が「日本の鶴」になっていることから一部で強い反発を受けてきた。現代快報が伝えた。

ネットユーザーが独自に行った調査によると、現在、候補として挙げられている10種類の鳥の中で、35.8%を獲得した「スズメ」の人気が最も高かった。「スズメ」を選んだ人の理由は、「親しみやすい」「見た目は地味でも生命力は強い」「黙々と生活を営む姿が自分達と重なる」「不屈の精神がある」などとなっている。【その他の写真】

だが、反対意見も少なくない。慣用句に用いられている「スズメ」は、「地味、小さい、力が弱い」「ピーチクパーチクうるさい」などマイナスイメージが多いというのがその理由だ。このほか、「国鳥になったら、もう食べられなくなるのか?」と心配する声も挙がっている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
国鳥候補に「日本のツル」タンチョウ?ネット上では一番人気だが…―中国
国鳥、ようやく丹頂鶴に絞り込み―国家林業局
中国一の天才鳥決定!全国鳥技能大会開催―湖南省長砂市
最終兵器「スズメ」!緑地保護対策に200羽を購入―貴州省鳳岡県
一番でっかい鳥類の祖先?大型恐竜に羽毛―内モンゴル自治区

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年9月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。