<四川大地震>再建キーワードは「観光で村興し」、3年以内に再建目指す―四川省[シ文]川県

<四川大地震>再建キーワードは「観光で村興し」、3年以内に再建目指す―四川省[シ文]川県
1日、四川大地震の震源地となった[シ文]川県の復興を支援する広州市の作業チームが現地入りし、地質調査などを行っている。同県の県城(県庁所在地)は、規模が縮小され観光地として生まれ変わる計画という。写真は9月18日の[シ文]川県。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g24483.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年10月1日、四川大地震の震源地となった[シ文]川県の復興を支援する広州市の作業チームが現地入りし、地質調査などを行っている。多くの遺跡が残されている同県の県城(県庁所在地)は、規模が縮小され観光地として生まれ変わる計画という。広州日報が伝えた。

同県の県城(県庁所在地)である威州鎮(村)には、三国時代に築かれた「姜維城」など数多くの重要な遺跡が残されており、観光での村興しが期待されている。【その他の写真】

しかし、同村政府の責任者は「地形変化の影響で、村の面積を縮小するしかない。一部の企業には村外に移転してもらうしかない」と話す。実際には移転先を探すのは容易ではなく、復興作業も想像以上に難航しそうだという。現在、復興を支援する広州市の作業チームが現地で地質調査などを行っているが、広州市道路探査設計院の劉翔(リウ・シアン)氏は、「道路の再建作業も想像していたより難しそうだ」と語っている。

同村では中国の建国記念日である国慶節を前に、広州市から638万元(約9500万円)相当の冬物衣料や布団など2万7000点を超える救援物資が届けられた。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<四川大地震>損失12兆6800億円、死亡6万9千人―中国
<四川大地震>ぶん川地区の復興資金に15億円―四川省
<四川大地震>「再建視察団」が訪日、阪神や新潟を視察―日本
<四川大地震>観光地として復活?決壊危機回避した唐家山せきとめ湖―四川省
<四川大地震>地震後の地形変化、震源地で最大238cmの移動―四川省

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年10月2日の中国記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。