「靴の街」が消える、コスト高騰で工場移転が相次ぐ―浙江省温州市

「靴の街」が消える、コスト高騰で工場移転が相次ぐ―浙江省温州市
5日、かつて世界のシェア40%を誇っていた「靴の街」浙江省温州市で、工場の撤退が相次いでいる。人件費などコスト高騰で悲鳴を上げる企業が、内陸部に拠点を移すためだ。写真は温州の靴製造工場。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g24592.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年10月5日、かつて世界のシェア40%を誇っていた「靴の街」浙江省温州市で、工場の撤退が相次いでいる。人件費などコスト高騰で悲鳴を上げる企業が、内陸部に拠点を移すためだ。南方網が伝えた。

温州市ではかつて、世界の靴の40%を製造、うち60%が海外輸出用だった。だが、現在は原材料費や人件費などのコスト高騰により、拠点をよりコストの安い内陸部に移す企業が続出。かつての面影はすっかり消えてしまった。【その他の写真】

温州市の経済貿易委員会が7月初めに行った調査結果によると、市内1万5521の中小企業のうち、すでに工場停止もしくは倒産した企業は全体の8.1%を占める1259社に上る。浙江省全体としての経済成長率も鈍化しており、08年上半期の「工業増加値」は前年同期比5.5%減の12.2%。浙江省経済貿易委員会の報告では、「下半期はさらに厳しい状態が続く」と悲観な見方を示している。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<中華経済>欧州靴業界、中国製革靴の反ダンピング課税延期を申請―中国
<反ダンピング税>中国製革靴の課税回避でマカオ分にも課税決定―EU
もう安くない中国製品=労働コスト増、輸送費増、人民元高で―英紙
「世界の工場」から「世界最大の市場」へ!15年内に中産階級が6億人に増加―中国
<早分かり>労働争議も多発、「世界の工場」で働く低所得労働者の実態―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年10月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。