<中国食品>安全性強化へ、米FDAが初の海外事務所へ―北京市

<中国食品>安全性強化へ、米FDAが初の海外事務所へ―北京市
17日、米食品医薬品局(FDA)が年末までに初の海外事務所を中国などに開設するという。海外からの輸入食品や薬品の安全性を強化するのが狙いだ。写真は江西省南昌市の乳製品メーカー。工商局が招いた100人の消費者が安全検査に立ち会った。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g24976.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年10月17日、英BBC放送の中国語版は、米食品医薬品局(FDA)が年末までに初の海外事務所を中国などに開設すると報じた。海外からの輸入食品や薬品の安全性を強化するのが目的とされている。

FDAは中国のほか、インド、欧州、ラテンアメリカにも事務所を開設する予定。現地に職員が常駐し、輸出用の食品や薬品が米国の安全基準を満たしているかどうかを調べる。将来的には現地に専門の検査員を養成したい考え。年末に北京事務所を開設した後、来年には上海や広州などにも増やす予定という。【その他の写真】

米保健社会福祉省(HHS)のマイク・レービット長官は、最近は発展途上国が先進国に輸出する傾向が増えていると指摘した上で、「FDAが海外事務所を増やすことはお互いの利益につながる」と述べた。最近、中国で食品や薬品に有害物質が混入する事件が多発していることから、米国内でも早急な安全対策を求める声が高まっていたようだ。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国に安全な食べ物はない!?利益優先が招く恐怖―中国
<汚染粉ミルク>中国にもある安心食品、ただし官僚専用!?―中国
<中国食品>汚染度を簡単に測定、毒性測定試験紙の開発進む―中国
<汚染粉ミルク>「事件を教訓に」、乳製品の安全管理条例を採択―中国
<冷凍インゲン>現地検査は異常なし、問題メーカー製品85%が日本へ―山東省

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年10月18日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。