<金融危機>大学向け求人激減、金融関連中心に―中国

<金融危機>大学向け求人激減、金融関連中心に―中国
24日、米国発の金融危機の影響を受け、中国の中小企業による大学への求人が大幅に減っている。来年就職活動予定の大学生は約600万人増、厳しい就職難が予想される。写真は08年9月、北京で行われた大型就職説明会。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g25186.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年10月24日、広州日報によると、米国発の金融危機の影響を受け、中国の中小企業の大学への求人が大幅に減っている。一方、来年就職活動予定の大学生は約600万人の増加が見込まれ、就職難が予想される。

10月に入り、中国の大学内でも求人活動が始まったが、金融危機の影響から求人を出す企業は大幅に減少。成都市にある西南財経大学の就職課は、カルフールや広州の大手洗剤メーカー立白集団からの「金融危機の影響で求人活動を中止する」という告知を、そのまま同校ウェブサイト上で「緊急通知」として転載した。【その他の写真】

このほか、金融や保険に関連する企業を中心に、求人を大幅に減らすか取りやめる企業が増えている。広東省広州市の中山大学の就職課によると、証券会社からの求人は現在わずか1社。大企業では例年どおり求人を行うところが多いものの、中小は金融危機による影響が大きいためか、求人が激減している。

こうした現状から就職難が予想されているが、学生たちもただ手をこまねいているわけではない。中山大学のある学生は大手会計事務所の内定を取りつけたが、これはあくまで“滑り止め”。今後も就職活動を続け、海外留学も含めより理想に近い進路を探しているという。またある専門家は、こうした厳しい状況は企業側にとって、優れた人材を手に入れるチャンスだと指摘している。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
大卒者の就職難が深刻化、「募集枠拡大を急ぎすぎた」―中国教育部
大卒生559万人で過去最多に、深まる就職難―中国
深刻化する就職難、2007年度は学生600万人が職探し―政府労働・社会保障部発表
大学生の就職希望先、本土企業の人気が回復―中国
中国大学生の就活、履歴書提出は平均9社、2社以上から内定―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広州 事件
  2. 広州 観光
レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年10月25日の中国記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事をもっと見る

「広州 + 観光」のおすすめ記事

「広州 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。