<中国幹部集団暴行>観光局官僚が相次ぎ訪台中止、事件の影響広がる―中国

<中国幹部集団暴行>観光局官僚が相次ぎ訪台中止、事件の影響広がる―中国
23日、海峡両岸関係協会の張銘清副会長が台湾で暴行を受けた事件を受け、中国各省の観光局官僚が訪台を中止するなど事件は大きな波紋を呼んでいる。写真は予定を切り上げ北京へ戻る張副会長。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g25205.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年10月23日、中国時報によると、海峡両岸関係協会の張銘清(ジャン・ミンチン)副会長が台湾・台南市で暴行を受けた事件を受け、中国各省の観光局官僚が台湾訪問を中止、台湾ツアーを扱う旅行会社から安全面の問い合わせが殺到するなど事件は大きな波紋を呼んでいる。

21日、台南市内の孔子廟を参観中の張副会長は、民進党の王定宇(ワン・ディンユー)市議率いる群集に囲まれ地面に押し倒されるなどの暴行を受けた。22日、体調不良を訴えた張副会長は精密検査を受けるため、滞在を切り上げ北京へと戻った。【その他の写真】

馬英九(マー・インジウ)総統や与党関係者は暴力行為を非難するコメントを発表しているが、中国では大きな衝撃をもって受け止められている。馬総統は中国観光客の誘致を総統選公約に掲げていたが、これまでの観光客数は目標を下回る水準だった。事件が台湾旅行熱に冷や水を浴びせたことは間違いなく、中台関係にもしこりとなることも考えられ、馬政権には厳しい打撃となった。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
中国幹部に集団暴行、反中感情高まる―台湾
<中国幹部集団暴行>被害の張銘清氏、検査のため滞在切り上げ―台湾
<中国幹部集団暴行>暴行の野党市議、空港でも騒ぎ―台湾
<中国幹部集団暴行>中国側の国台弁が非難声明、台湾当局が調査へ―中国
<中国幹部集団暴行>張銘清氏の訪問日程切り上げは「誤った判断」―台湾メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年10月25日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。