<サッカー>優勝争いのプロ選手、飲食店で集団暴行―上海市

<サッカー>優勝争いのプロ選手、飲食店で集団暴行―上海市
1日、上海市を本拠地とするサッカークラブチーム「上海申花」に所属する選手ら数人のグループが、市内の飲食店で集団暴行事件を起こした。選手らは全員泥酔状態だった。写真は暴行に加わった毛選手。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g26328.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2008年12月1日、上海市を本拠地とするサッカークラブチーム「上海申花」に所属する毛剣卿(マオ・ジエンチン)選手ら数名のグループが、市内の飲食店で集団暴行事件を起こした。選手らは全員泥酔状態だった。解放網が伝えた。

事件は1日午前4時50分ごろ、毛選手らのグループが同じ飲食店に入ってきた男性の徐(シュー)さんに対し、自分達の席にいた女性に声を掛けたことに腹を立て、突然殴りかかったというもの。徐さんとこの女性は元同僚で顔見知りだったため、挨拶をしただけだった。【その他の写真】

徐さんに暴行を加えた毛選手らは、徐さんの連れの女性が110番通報したのを見てただちに逃走。だが、女性がナンバーを控えていたため御用となった。徐さんは近くの病院に運ばれたが、頭、顔、身体のあちこちに殴られた跡があり、頭からは血を流していた。

毛選手らはその後、近くの派出所に拘留された。優勝を決める大事な試合に勝てなかったことでかなりうっ憤がたまっていたという。現在はすでに保釈されたと伝えられている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<サッカー>TV局が放映中止に、問題続発・イメージ悪化で完全締め出し―中国
<サッカー>終了の笛で戦闘開始!選手50人が大乱闘、場外では車両破壊―北京市
<サッカー>新代表チームが始動、「最凶DF」は無念の落選―中国
武術少年スカウトし「カンフーサッカー」チーム結成、資金難であえなく解散―北京市
中国版TK事件?!元人気ロック歌手、集団暴行死事件への関与で逮捕―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2008年12月1日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。