養殖ナマズが謎の大量死、酷寒か?毒物投入か?―安徽省

養殖ナマズが謎の大量死、酷寒か?毒物投入か?―安徽省
7日、安徽省和県の水産養殖施設で5日、170tもの養殖ナマズが一斉に大量死したと伝えられた。原因は寒さによる低水温か、酸欠かとも推測されるが、何者かによって毒物を投入された可能性も否定できないという。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g27439.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年1月7日、安徽省和県の天邦水産養殖試験基地で5日、170tもの養殖ナマズが一斉に大量死したと伝えられた。原因はまだ不明。チャイナフォトプレスの報道。

45の養殖池を擁する同基地は、昨年10月に80万元(約1000万円)を投じて110tのナマズ稚魚を購入、3か月間育てた後、今月6日に市場へ卸す予定だった。職員の王中友(ワン・ジョンヨウ)さんによると、4日午後11時に養殖池を見回った際には異常はなかったが、翌5日午前6時に見回りに出たところ、ナマズがすべて水底に沈んでいるのを確認した。その後、ただちに池の水を取り替えるなど処置を試みたが、午前11時ごろから死んだナマズが水面に浮上しはじめ、およそ95%ものナマズが息絶えたという。

【その他の写真】

通報を受けた地元公安局などは、ナマズの死骸や養殖池の水などについてサンプル検査を行い、初動調査の結果では、酸欠・低温・中毒のいずれかが原因と見られ、何者かによって毒物を投入された可能性も否定できないという。引き続き、事故原因の調査が進められることとなる。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
魚の大量死事件、責任企業を厳罰処分に―広東省広州市
巣湖でアオコ大発生、魚が大量死―安徽省
オスにとって最悪の死に方!?錦鯉の大量死、繁殖期の精液分泌が水質汚染―台湾
不気味な銀色に染まる水面、湖で魚が大量死―福建省アモイ市
また白い腹で覆われる湖面!水質汚染と猛暑で魚が大量死―湖北省武漢市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年1月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。