旧正月の贈り物は年々豪華に、昔は飴、今は現金かカード―中国

旧正月の贈り物は年々豪華に、昔は飴、今は現金かカード―中国
14日、「中国人は春節に何を贈ってきたか」―あるネットユーザーがこれまで中国人が旧正月に購入してきた贈り物の変遷について紹介した。写真は北京で売られる旧正月贈答用の食品。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g27725.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年1月14日、中国大手ポータルサイト・新浪のブログに「中国人は春節(旧正月)に何を贈ってきたか」という文章が掲載された。作者の青雲さんは「時代が移り変わっても、春節の贈り物は必要」と説いている。

青雲さんによると、30年前の中国はまだ貧しく、春節をいかに迎えるかは各家庭の一大事だった。親しい友人への新年のあいさつは手ぶらでよかったし、もし何かを持っていくとしても飴やヒマワリの種などのお菓子で済んだ。田舎なら自家製のマントウや揚げパンを手土産にすることが多かったという。

【その他の写真】

80年代に入り改革開放が進むと、人々は少しずつ豊かになり、春節の贈り物も栄養食品や大袋入りの白米、食用油、地方の名産品などにグレードアップ。それが肉や魚、卵といった高級食材に代わり、次に名酒や外国製たばこなどの嗜好品が主流となった。

次に流行したのはデパートの商品券。しかしこれもすぐに飽きられ、骨董品や書画、宝石類に取って代わられた。それもすたれると、今度は直接現金を贈るのが大流行。現在では銀行のプリペイドカードが一般的になり、その金額も増すばかりだという。

作者は「プリペイドカードや現金は取引先などに贈るもので、親しい間柄ではやはり品物が一番」としているが、それでも高額商品でなければ恥ずかしくて贈れないと書いている。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
<金融危機>身内への「おみやげ」が苦痛、中国人に「旧正月恐怖症」―欧州
旧正月は汚職多発期?中国政府が警戒強める―海外メディア
<旧正月>2日で19食!新婚妻、夫の故郷の「奇習」に逃げ出す―福建省竜岩市
<中秋節>高額化止まらず!8割が「贈り物は豪華な月餅」―中国
<バレンタイン>中国人はゴールドがお好き?ちょっと成金な贈り物―遼寧省瀋陽市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年1月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら