恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した―中国

恐竜絶滅の謎に新説=真菌の大発生が卵を汚染した―中国
13日、中国地質大学地球科学学院の教授らはこのほど、恐竜滅亡の謎に新説を発表した。まもなく科学誌・中国科学に論文が掲載されるという。写真は三亜市自然博物館に展示されている恐竜の化石。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g28564.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年2月13日、新華社によると、中国地質大学地球科学学院の●一鳴(ゴン・イーミン、●は龍の下に共)教授、徐冉(シュー・ラン)博士及び河南理工大学資源環境学院の胡斌(フー・ビン)教授はこのほど、恐竜滅亡の謎に新説を発表した。まもなく科学誌・中国科学に論文が掲載されるという。

白亜紀後期の恐竜の卵の化石内部には大量の真菌の化石が残されていたという。分析を進めたところ、真菌が卵を浸食している状況が明らかになったという。白亜紀後期からはふ化しなかった恐竜の卵が大量に発見されていることから、研究チームは真菌の影響により卵がふ化せず、恐竜の絶滅につながった可能性を指摘している。

【その他の写真】

白亜紀後期と暁新世の変わり目の時代、すなわちおよそ6500万年前には隕石の衝突、世界的な森林火災、火山の頻繁な爆発などの影響で、真菌が激増したことが知られている。新説は従来の研究とも符合するもので、いまなお解明されない恐竜絶滅の謎に新たな光をあてるものとなりそうだ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<恐竜の里>中国最古の肉食竜の足跡を発見―雲南省禄豊県
世界に5点のレア物!貴重な恐竜のミイラを展示―北京市
<恐竜>足跡化石を多数発見!ジュラ紀の肉食竜と推定―新疆ウイグル自治区
中国版ジュラシック・パーク!「世界恐竜谷」が正式オープン―雲南省禄豊県
1億年前の恐竜の化石、相次ぎ発見か―湖南省株洲市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月15日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。