中国軍ミサイル部隊が巨大訓練基地を建設=衛星写真で確認―カナダ軍事誌

中国軍ミサイル部隊が巨大訓練基地を建設=衛星写真で確認―カナダ軍事誌
18日、カナダの軍事専門誌は、中国人民解放軍の戦略ミサイル部隊(第2砲兵部隊)が最近、内陸部の青海省に巨大な訓練基地を建設したことを最新の衛星写真で確認したと報じた。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group/g28706.html">【その他の写真】</a>(Record China)
2009年2月18日、カナダの中国語軍事専門誌・漢和防務評論は、中国人民解放軍の戦略ミサイル部隊(第2砲兵部隊)が最近、内陸部の青海省に巨大な訓練基地を建設したことを最新の衛星写真で確認したと報じた。環球時報が伝えた。

同部隊はすでに山西省にも大型訓練基地を建設しており、中国が新型の中・長距離弾道ミサイルの装備増強を加速させていることの表れだと記事は指摘する。ミサイルを搭載した車両を運転するには高度な技術が必要とされるが、衛星写真にはこれを訓練するための8字型や円形の走行コースも写っていた。

【その他の写真】

これを裏付けるように同部隊の司令員は最新の中国の政治雑誌「求是」で、その作戦能力を「短・中距離弾道ミサイルから大陸間弾道ミサイルへと飛躍的な発展を遂げている」と話している。中国軍は02年から段階的に弾道ミサイルの更新を続けているが、うち「東風3A」から更新された準中距離ミサイル「東風21」は、吉林省の配備基地からの射程内に日本全土を収めている。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
中国が台湾を目標としたミサイル増強=台湾高官が懸念表明
中国が核兵器増強か、ミサイル防衛計画に対抗―米紙
<北京五輪>ミサイル車両配備は国際的慣例=物々しい警備が市民の不安呼ぶ―中国紙
<大丈夫か!日本>中国の軍事費、2年前に日本抜く!今や格差は開く一方
グーグルから軍事機密守れ、隠ぺい新技術を開発―中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2009年2月19日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら